シリコンバレーから新宿へ。引っ越しても就職してもやっぱり本ばっかり読んでる薬剤師さん?!


by sanakopi

ドクターも??な肺炎

 いやあ、夏休みが終わって、好調に登校!とはいかず、こたは、はっきりしない肺炎と2週間あまりつきあいつつ・・・・となりました。

 肺炎。

 身近なひとがはじめて『肺炎だって?!』と聞いたのは、たしか一番年上のおいっこが小さい時だった。すごく咳が苦しくて、痰をだすのに、背中をばんばんとたたかなきゃいけないって、お姉ちゃんが言ってて、おばあちゃんもすごく心配していて、そのころ赤ちゃんのこたをみながら、私もとても心配していたのを覚えています。

 その時から比べると、なんと、こたはもう5回ほど肺炎の診断を受けたことがあり、自分も、1回肺炎といわれ、すっかり肺炎慣れしてしまっています。

 というのも、原因がはっきりせず、2ヶ月も3ヶ月も薬を変えたりしながら咳とつきあってきたこたにとっては、5日間、抗生物質を飲めば、ぴたりと止まる肺炎の咳は『たいしたことない』んじゃなかろうかと思うんですよね。

 しかし、今回は、難しい病気の診断を受けたあとでもあり、肺の血圧が高いことと、風邪を引いたでもないのに、いとも簡単に肺炎になってしまったことと何か関係があるのか、とか体力がないところに、眠れない咳はほんとうにきつかろう、とか余計な心配がついてきました。

 そして、今回は、いつもとちがって、肺の音をよく聞いても診断が付かず、念のためとったレントゲンではじめて肺炎、とわかりました。

 さらに、病巣が上下2箇所にはっきりとわかれている、ということで、とても珍しい、と言われ。

 抗生物質を飲んで、かなり咳はおさまったところでとった2回目のレントゲンでは、上の炎症は消えたものの、下のものはやや悪化していると言われ。

 土曜日に、内科の先生と電話で、

 『どういうことかよくわかりませんね~~。まずは、現れる症状に注意して、悪くなるようなら診療時間外でも電話をください。』

 と話したところまで。

 原因も知りたいけれど、私としてはこたがつらくなければまあよし、なわけで、とりあえず咳はおさまったみたいでほっとしています。

 下側の炎症については、う~~む、なんとか説明をつけて欲しいけど。

 また、もう一回レントゲン、っていうのも気が進まないです。


 というかんじですが、昨日は、お友達から預かった、1年分(それ以上あったじゃない?!)の少年サンデーをがつがつ読んだり、マリオカートの特訓をしたりしてのんびり楽しく過ごしました。

 そうそう、ここのところ毎週、だんなさまがうちで収穫中の大量のトマトを消費すべく、料理に燃えてくれています。今週はサルサと、ポモドロソースでした。ごちそうさま。
[PR]
Commented at 2008-09-16 06:32 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by cosmedog at 2008-09-16 14:16 x
こたくん、お大事に。
心配だね。話を聞こう聞こうと思いつつ
いつもくだらないことしか話せなくてごめんね。

トマト料理、大好きなのでうらやましいな!!
Commented at 2008-09-17 01:16 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by sanakopi at 2008-09-17 03:10
みんな、ありがとう。
こたの咳を聞いていると自分まで苦しくなってくるからね、よくなってきてほんとにほっとしてます。

そうそう、トマトはね、3株、大きいのを植えたので、ここ1ヶ月ほどは常に15個くらいかごに山盛り。ローマトマトはちょっと小粒だけど、後の2種類は、桃太郎トマトに負けない甘さです!!
by sanakopi | 2008-09-16 01:17 | Comments(4)