シリコンバレーから新宿へ。引っ越しても就職してもやっぱり本ばっかり読んでる薬剤師さん?!


by sanakopi

翻訳サイトの実力

 ここのところ、もやもや病の患者仲間で、日本語と、英語のサイトの間の架け橋をつくっていこうと、頑張っています。

 きっかけは、アメリカで、もやのサイトに集っているみんなが、オフ会を、世界の仲間、集まれ、とよびかけたこと。

 世界、なんだから、日本もふくまれるよね~~~、でも。。。

 日本には、日本語で運営されている患者のサポートのサイトがあって、みんな、わざわざ英語のサイトにはおとずれないわけです。だけど、患者数は多いし、歴史も情報もあるわけだから、ほんとは、発信していってほしい。

 そんなこんなで、私たちがおせっかいしたところ、翻訳サイトをくしした、交流が少しずつはじまっています。

 しっかし、翻訳サイト、お堅い文章は得意のようですが、掲示板の書き込みレベルになると、頭が混乱するらしくて、大笑いできる翻訳がいっぱい。腹をかかえて笑いたいときにもちょうどいいような・・・

 私たちも、英語、がんばるけど、翻訳サイトももっと頑張れ~~
[PR]
Commented by Sirius at 2005-05-23 02:37 x
sanakopiさん、私は、あなたのこの様な環境でも、人生を前向きにとらえて進んでいくところが、人間として大好きなのです。
普通、このような難病に家族がかかったら、家の中は暗くなりますよ。しかし、あなたは精一杯の愛情でお子さんを包んでおられます。私も12年前に同じような経験をしました。しかし、母親と力を合わせて乗り切りました。
そのときも人生、快晴の日もあれば、大雨の日もあるさ、と気持ちをしっかり持って毎日を前向きに生きました。この考え方も、少年の日、アメリカから学んだ物が性格形成に大きく影響したのかもしれません。
でも、sanakopiさん、あなたの物の考え方の根底にあるものとアメリカの考え方がうまく相乗効果として作用しているように思います。
本当にアメリカにお住まいになってよかったと思います。
逆に最近は私の方が勇気づけられています。ありがとう。
by sanakopi | 2005-05-22 02:17 | もやもや病/肺高血圧関連 | Comments(1)