シリコンバレーから新宿へ。引っ越しても就職してもやっぱり本ばっかり読んでる薬剤師さん?!


by sanakopi

MAKE・A・WISH

 『さあ、ひとつ、願い事をして!』

 バースデーに、ケーキのろうそくを吹き消す時の決まり文句でもあるこの言葉ですが、こういう名前の団体があります。聞いたことのある方もいらっしゃるでしょうね。

 ガンなどの難病と闘う子供たち(年齢は2歳半~17歳、とありました。2歳半はきちんと願うことができるのかなぁ・・・)の『大きな願い』をひとつ、全力でかなえてあげましょう、という団体です。資金は寄付でまかなわれているのかな?そのあたり、きっちり調べていませんが・・・

 そんなわけで、とてもめずらしい組み合わせの病気を持ち、日々、疲れと闘っているこたもその対象として認められました。おお~~~。

 でも、おかげさまで、まあまあ欲しい物は親が買ってあげられる経済状態であって、無欲なことにかけてはハイレベルなこたなので、これはかなり難しいことかもしれません。

 ま、じっくり自分で考えて、横でぴーちくぱーちく、『私だったらね、、、』なんていい続ける私やさなのことは気にせず、何かひとつ、見つかればいいね、こた。

 さて、みなさんだったら、何かひとつ、どんな願いをかなえてみたいですか?



 
[PR]
by sanakopi | 2009-09-28 01:47 | もやもや病/肺高血圧関連 | Comments(0)