シリコンバレーから新宿へ。引っ越しても就職してもやっぱり本ばっかり読んでる薬剤師さん?!


by sanakopi

祝 本屋大賞!

嬉しいなー今年一番の物語と思った本が、本屋大賞でした!!

改めて言うまでもないのでしょうが、
鹿の王です。

仕事がら、また、こたの病気を通してもお医者さまとコミュニケーションをとることの多い私としては、ぜひとも、医学部の教科書として採用して頂きたい!!と強く主張したい!!

誰にどうやって?という問題はありますがw

倫理観というのは、簡単に育てることはできないでしょうが、その一助となることに間違いなし。

薬剤師としても、日々、人間愛を持ってお仕事しています。

メリークリスマス、良いお年を。



[PR]
# by sanakopi | 2015-12-25 18:28 | Comments(2)
お久しぶりです!!

薬剤師としては、思うところ多々ありますが、書くところまでまとまらない。。本音、建前、個人情報保護など、いろいろ考えると、気軽に書けないものですな。

半藤氏の日本史シリーズ、久々に骨のあるのを読めました。世界史については、銃、病原菌、鉄を一冊読めばいいと思っていましたが、日本人として、自分達をよく知りたいなら、この3冊はオススメです。

すごい分量に圧倒され、たまに負けそうになりましたが、面白いので続けられるでしょう、あなたならw

司馬さんの幕末の雰囲気が大好きですが、こちらはこちらで。




[PR]
# by sanakopi | 2015-12-17 08:26 | Comments(0)

歴史にドキリ

のんびりテレビを見ていたら
強烈な番組に会えました!!

小学生の歴史の授業で使われているようですが、このクオリティ、半端ないです。

これは、見てみないとわからないと思うので、補習校の先生のみなさまも、ぜひ、ご覧になってください!

って、私のアンテナの感度が鈍いだけで、もうご存知かしらー?
[PR]
# by sanakopi | 2015-01-04 12:54 | Comments(2)
ほとんどほったらかしですが、
また、そのうち書くかなーと思い、
一応、止めます宣言はしませんが、
お仕事第一で、あと2年と少し、
頑張り続ける予定です。

大晦日の当番薬局を経験した感想。

風邪の熱は、落ち着いて、下がるのを
待っていいのよ!!!
健康な人なら、たとえインフルエンザであっても同じです。

水も受け付けない、ぐったりしている
場合を除き、解熱剤だけを処方してもらいに救急に行くのは間違いです。

なーんてね、偉そう??

とにかくヘトヘトになっちゃったから
やつあたりかもw

だいぶ薬剤師らしくなってきて、
今年も成長の年にしたいです。

元気に頑張ります!
[PR]
# by sanakopi | 2015-01-02 18:22 | Comments(0)

すごく久しぶり。。

ま、いろいろご挨拶はおいといて、
余裕のない毎日だけど、
とてもいい本に出会ったのでご紹介。

加納朋子さんの最新作、短編集です。
『トオリヌケキンシ』
タイトルから、もう、良さそうな予感がしません??

加納朋子さんは、数年前に白血病と闘い
骨髄移植の体験も書いて本がでています。『無菌病棟より愛をこめて』

前から、素敵な人を書いてくれる、
お気に入りの作家さんだったけど、
そんな体験を経た、彼女の書く物語への期待は大きかったです。

そして、そんな期待に応えてくれた
この短編集、最後のひとつの物語を読み終えるのがもったいなくて、
とっておいて、これを書いています。

縁あるかたは、ぜひ手に取ってみてね。
[PR]
# by sanakopi | 2014-11-03 20:55 | Comments(2)

お暑うございます

日本に戻った報告すら先延ばしにしていたので、伝統行事の暑中見舞いを復活させ、なんとかネットで繋がっていない方にハガキを手書きしてみました。

なんとなく自分でも満足感があったので、来年の夏も、暑くても涼しくても、もう少したくさんの友人、知人に出してみようと思っています。

少しは、生活にリズムかでてきて、本を読む以外の時間の使い方もしていこうかなーという意欲も出てきました。

それにしても、何を食べようか、頭を捻る暑さです。。
[PR]
# by sanakopi | 2014-07-27 11:17 | Comments(4)
たぶん、最後まで伊藤さんが書かれたものを読みたくなるんだろうな、と予想して、期待し過ぎないように読んだせいか、思ってたよりは満足できました。

書き残して下さった分だけでなく、たとえば、病床にて、円城さんに語られていたながれや、エンディングのイメージがあった、なんてことはないのかしら。。

私たちが、自分らしく生きるってどういうことなのか、改めて考えなおす、そんなきっかけになる物語でした。
[PR]
# by sanakopi | 2014-06-05 13:32 | Comments(0)

この一ヶ月

またまた、あっというまでした。

引き続き、仕事ではミスをしては凹む日々、でも楽しんでできているのでフォローにまわってくれる若い先輩たちに感謝しつつ、がんばれそうです。

何と言っても、実感するのは、字面でしか知らなかった、いろいろな病気にいま、かかっていて、でもがんばっている人たちがこんなにいらっしゃるということ。

結核
各種のがん
エイズ

もちろん、こたと同じように特定疾患の認定を受けている方も少なくありません。

やはり、健康でいられるとは、得難いしあわせなのですね。

あしたもがんばろ!
[PR]
# by sanakopi | 2014-05-08 18:34 | Comments(6)

七夜物語 川上弘美

他にももちろん読んでいたのですが、書いておきたいなという本だったので。

児童文学です。

それも、新聞で連載されていたなんて、すごいです。純文学作家だからかな?

ヒロインは、小学生ですが、やはり、そこは川上作品、そこはかとなくオトナな女の子。男の子も線が細めで、二人とも本が大好きとなれば、もう、ばっちりツボでした。

目新しいテーマではないけれど、現実感と、センスのよい異世界の設定で、最後まで楽しめました。
[PR]
# by sanakopi | 2014-04-07 08:12 | Comments(0)
家具は少ないながらも、ようやく住める様になってきた我が家ですが、次は、おぼっちゃまのお引越しを、のんびりペースで進めています。

もう、大き過ぎて、預け荷物としてはつかえなくなったスーツケースが活躍してるけど、雨や強風で延期したり、根性がないです。

こんなのんびりも、あと数日。

仕事が始まってから、なんでこれ、やっとかなかったのー?!ってなりますよね、きっと。

でも、とりあえず、この辺りに馴染むように、ゆらゆらとします。

あ、まだ地震の備えの、水の備蓄ができてないのでした。

備えよと、思い直させてくれる、3月11日を無駄にしません。
[PR]
# by sanakopi | 2014-03-12 06:57 | Comments(0)