シリコンバレーから新宿へ。引っ越しても就職してもやっぱり本ばっかり読んでる薬剤師さん?!


by sanakopi

<   2012年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

苗を買ってきました。

 いよいよあったかくなってきました~~

 まだ朝はついつい一回暖房を入れてしまいますが・・・・・我慢すればできないこともないです。

 かぶと、大葉の種まきですが、一勝一敗かな。。。遅いのかなあとじっと待ったのですが、大葉のほうは、どうも雑草の双葉ばかりで、大葉っぽいのがいないようです(泣)でも、みんながもうちょっとのびるまで掘り返すのは待っておこう・・・どんだけ気長なんだ自分。

 かぶは、古い種だから発芽率悪いだろうとどっさりまいたら、すごいことに^^昨日、本葉3枚ぐらいのを30本くらい間引いて、お味噌汁にいれていただきました。まだまだ間引かなきゃいけない・・・

 それから苗屋さんにもいってきました。

 元気いっぱいのトマトとグリーンペッパー(ピーマンの巨大なやつです)いんげんと、初挑戦ズッキーニ!

 ほんとはオクラも欲しかったんだけど、目に入らなかったな・・あとでも見つけられたらどこかに植えたい・・

 苗が小さいズッキーニはもうすこし定植しないで大きくしようかと思って。そのほかのは今日、植えま~す!
[PR]
by sanakopi | 2012-04-18 00:10 | Comments(4)

歌会!

 オーガナイザーのけいこさんにお誘いいただいて、日本芸術文化センターでの「歌会」にお邪魔してきました。

 あえてお邪魔してきた、というのは、本来ならば、自分でも歌を詠んでもっていくのが参加するってことかな、と思ったからです。

 お客さんといった感覚で参加させていただいて、短歌という日本の伝統文化がいっそう身近になって、好きになってしまいました。

 集まっていらしたのは、小さなお子さん連れの若いおかあさんたち。今回、男性メンバーは偶然みなさんお休みされていたようです。子供たちのご機嫌をとりながら、けいこさんが会を進めていかれました。

 メンバーの詠んだ歌の一覧が手渡され、好きな歌を選んで投票。だれがどの歌を採ったか、どの歌が何票獲得したか発表。そのあと、読み上げたり、感想を言ったりして、最後に普通は1首をその月の歌として選ぶようです。

 今回は4票獲得した歌が3首あり、甲乙つけがたしということで3首同率となりました。

 どの歌からも、一枚の絵や写真のように情景や色合いが浮かんできたり、ストーリーが感じられたりして、質のよい絵本を何冊も読んだような楽しさが味わえました。

 誘ってくださったけいこさんに感謝です~~~

 みなさんもよかったら参加してみては?

 こちらから参加登録できます。  

 www.jpnarts.org




 
[PR]
by sanakopi | 2012-04-14 07:26 | Comments(0)
 ファンの熱意と、八神さんの震災復興支援活動がひとつになって、ベイエリアでのコンサートが実現しました。

 八神さんの震災後の活動については、夫のブログがくわしいです。(お気に入りの一番上で~す)

 ご希望の方には、チャイルドケアのサービスもありますので、ぜひ、ウェブをのぞいてみてくださいね。

 コンサートは無料でお楽しみいただけますが、席に限りがありますので、ウェブより登録していただくようになります。そういうことならどーんと寄付を、というかたには、スポンサーになっていただきたいです。

 ご質問などありましたら、私でもいいですよ。

 では、ウェブはこちら。。。


 http://junkoyagamibayarea.org/
[PR]
by sanakopi | 2012-04-11 12:50 | Comments(0)

新刊いろいろ~~

 自分で購入したのじゃない本との出合いって貴重です。

 待ちに待って買う本が面白いのはあたりまえですからね^^

 サンノゼとサニーベルの図書館で、なかなかの新刊(日本では去年くらいかな?おととしかも。。。)のいいものに会えてしまったのでとりあえずどんどん読みました。

 小川洋子 『猫を抱いて象と泳ぐ』

 チェスの天才の男の子のお話です。読んでいるこちらまで体の節々が痛くなってくるようだったり、悲しくなったり寂しくなったり、でも私は好きです。ちゃんと、底のほうに大きな愛があるのが感じられるからかな。

 川上未映子 『ヘヴン』

 こちらはもうすこしつらかったです。救いがほんのほんの少しで。。。中学生のいじめを題材にしていますが人間が生きていくことの本質を彼らに語らせています。こういう題材のとき、いじめられるほうよりもいじめているほうに、自分が重なってしまうのが苦しいです。。。

 赤染晶子 『乙女の密告』

 2010年の芥川賞。むずかしかったです。もう一回読んでみますけど、少女漫画風の主人公たちが、すごい難しいテーマをなげかけてくるかんじですよ。アンネの日記ももう一度読みたくなりました。


 偶然女性作家のものばかりでしたが、みなさん、さすがの言葉選び、言霊がすごいことになってます!
[PR]
by sanakopi | 2012-04-11 02:33 | 本の話 | Comments(0)