シリコンバレーから新宿へ。引っ越しても就職してもやっぱり本ばっかり読んでる薬剤師さん?!


by sanakopi

<   2012年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

 忘れちゃもったいないからもうひとつ小ネタを。

 厳しいですよね~~、アメリカの空港のセキュリティ。

 今回、国内線だったのに、SFOの空港で、またもや止められ没収されてしまいました。。。
ジャムとペーストです。普通にトレジョで買ったので、サイズが大きかったかぁ~~~~

 でも明らかに未開封なのに、はあ。

 いつもはチェックインしてしまうので、機内持ち込みの注意を怠りました。

 これはびっくりするほどのこのじゃなくて、おどろきはなんと我が家の最寄の地方空港のセキュリティ!!

 厳しいアメリカのセキュリティを潜り抜けてきたある品物を見つけられてしまいました!!

 直径3センチくらいのほんの小さな刃が収納されているタイプのミニカッターです。

 わたし非力なもので、ちょっとしたパッケージを開けるのに手間取ったり、というときに便利だったんですけど、そんなことよりも感動してしまって、思わず、

 「すばらしいですね、ここのセキュリティは。今まで、10回以上、ほかの空港のセキュリティを通り抜けてきたんですよ!!」

 とべた褒めしてしまって、純朴な係官さんを恐縮させてしまいました。もちろんそこで処分してもらうことに。

 真摯に職務に取り組んでいるであろう、各空港のセキュリティのみなさま、この地方空港を見習ってがんばってください。

 あ、でも行列のプレッシャーがないことは書いておくべきですね。時間の余裕は心の余裕。。。





 
[PR]
by sanakopi | 2012-02-28 10:59 | Comments(4)

ただいま~~

 今回の短い帰省旅行は、のっけからハプニング続き、ちょっとした冒険でした~~

 前日超寝不足状態で、それでもちゃんと間に合って某アメリカの航空会社の便でLAまで、そこから日系に乗り継いで成田まで、羽田に移動して富山まで飛ぶ予定でした・・・が、サンフランシスコ空港で、準備万端、となってから、うんともすんとも動きません。????なんと、大統領のエアフォースワンが、同時刻の離陸予定だそうで、ロックダウン!!(その辺、みんな動くな!!ですな)

 これで、乗り継ぎ不可能時間まで遅れてしまえばはぁ~~~とため息をついてゆっくり対応、ということになったのですが、LAについたのが、離陸予定の32分前・・・・・・

 重要人物とかが乗り継ぎ予定なら、待ってくれることもあるっていうし・・・・

 アメリカの航空会社のサービスカウンターで交渉なんてやだし。。

 というわけで、となり、といっても事前に集めた情報よりもとお~~く感じた国際空港へ半べそで走りました。最初に聞いた人が、シャトルAってのに乗るといいよ、と教えてくれたものの、は??そんなのどれだかわっかんないよぉ!

 さらに4人くらい、走りながら聞いてみたけど、方向だけはあってるらしい。

 で、カウンターにたどりついたのがちょうど離陸予定時刻の11時半。

 っていうか、まずは、どこがたどり着くべきカウンターかすら、わからなかったんです。電光掲示板みたいのだから、手続きが済んだらけしちゃうのね(泣)

 ここで、地獄に仏のごとく、声をかけてくださった日本人ビジネスマンの方、こんなところからですが、聞こえるはずもありませんが、改めて、感謝の気持ちをお伝えしたいです。どんなにほっとしたことか。

 「時間より、早く出ちゃったみたいでね、ひどいよね、僕なんてかなり早く着いたんだけど、もう乗れないって言われちゃったから。とにかく、ここまできて正解ですよ、アメリカのほうのカウンターにいったら、明日の便に振り返られて、費用は持ってくれるけど、あやしいホテルに1泊、ってことになりますから」

 そんなのいやだ~~~~

 ビジネスマンさんの振り替えの手続きを終えた地上係員さんが、ふたたび、ねぎらってくれ、ここに来て正解でしたよ、といってくれたので、まあまあ気をよくして、なんとかなるべく早くに成田までは行っておきたい希望を伝えました。1泊するなら日本のほうが絶対いいし!

 そして、結局世界1のサービスを誇るシンガポール航空に乗れることになりました!!

 これは、ほめるだけなので、はっきり社名を出してみました。

 乗せてくれただけでも感謝なのに、客室乗務員さんの本物の笑顔、疲れを見せないパワフルなサービスになんとかもう一回乗ってみたくなったほどでした。

 サンフランシスコからは、直行便がないので、とてもとても残念です。

 そしてきっかり定刻運行で夜7時ごろ成田におりたのですが、この時間に降りる飛行機はみんなやっているのかな、機内の照明を落として、窓のシェードをあげてくださいとアナウンスがあって、何かな、と思っていたら、空港の夜景が窓に広がって、とても美しかったのでした。

 耳が痛くなってつらい着陸が、リラックスして楽しめるものになったんです!すごい!!

 そのあとは、順調にアナログな方法、カウンターのお兄さんにお願いして羽田のホテルをおさえてもらい、リムジンで移動して、お風呂に入って寝ました。

 この年になって半べそになって走るって酷でしたが、でもなんだかおもしろかったです。みなさん親切にしてくださったから、最終的には大満足だったし。実家では、思ったより元気な両親と思い出話も’たくさん、美しい(と部外者は思えるのです)雪にかこまれた静かな時間をすごしました。





 
[PR]
by sanakopi | 2012-02-25 07:25 | Comments(15)
 明日から、5日ほどかけて実家に行ってきます。

 もうすぐ90歳になろうとしていた祖母が、大雪のなか、静かに亡くなったのですが、お葬式には間に合わなかったのでゆっくりお別れをして、自宅での介護で、がんばった両親をねぎらいたいと思っています。

 いつものとおり、日本に行くとネットにつながらないので、しばしごぶさたいたします。
[PR]
by sanakopi | 2012-02-17 08:44 | Comments(6)
 村上春樹さんの、「1Q84」を読んで以来、そろそろ元ネタの「1984」のほうも読んでおかないとな。。。と思っていましたが、英語の先生から「すばらしき新世界」のほうを勧められ、よく並べて語られるSF名作のもう一方を先に読むことになりました。

 これはもう、「1984」に行くしかないな~~~、「すばらしき新世界」読後は、ある程度世の中を見る目が変わったような気がしたので、これは今、読むべきときだなと。

 そして「1984」を読むなら、先に「動物農場」を読んだほうがよいと、たくさんのレビュアーさんが言われていたので、素直にそちらから読みました。

 これはいい物語ですね!

 小学生でも読めるかも、(読み取れるかどうかは別です)というイソップ童話のような雰囲気です。

 しかし、これまたたくさん考え込むことができます。ソビエト連邦のできたころを風刺しているということですが、そういう型にはまった読み方だけじゃなく、現代にも当てはめて読むことはできます。

 農場にいるさまざまな動物たちが、いろいろな種類の人間を体現してくれているのですが、案外犬は頭が悪いと描かれていたり、エリートが豚だったりと、意外なところもありましたが、それぞれにほんとうにおもしろいのです!!わたし、干支はひつじなのですが、こんな風には生きたくないな、の最たるものだったので、複雑な気分でした。

 結末もひどいです。正義は勝つ、なんてことはなくて、すごく現実的・・・・・


 そのかんじが、「1984」になると倍増しました。後半ずっと苦しすぎて、読み進めるのがつらかったほどでした。

 それにしても大作です。つらくても最後までたどり着きたいと思えます。

 ストーリーはシンプルなので、私が一番印象深かったのは、新語法というのと、歴史の書き換えでした。

 新語法では、不必要な言葉がどんどん削られていきます。

 Good という完璧な言葉があるのに、それ以上何もいらない。Badさえ、Not Goodでかたがつく。

 日ごろ、英語の語彙不足に自己嫌悪している私は、しばし、それって極楽????と勘違いしそうになってしまいました。

 いろいろな感情、感じ方、それを伝えようとしてきたから人間は人間らしく生きてこられたのに。

 歴史、それは過去に起こった事実であるはずだけど、個人の記憶は、あいまいに流れ去っていくもので、公の権威が、記憶とは違ったことを事実として発表すると、そちらのほうが歴史として残っていく。歴史はいくらでも都合のよいように変えられていく。

 はて、自分が義務教育で、高校で、大学で学んできた歴史とは、ホンモノだったのでしょうか?

 今日、新聞で読んだことも、本当に起こったこと、そのままなのでしょうか?

 深く考えすぎると、ちょっとやばいことになりそうな、そんな本でした。


 今日は雨がぱらぱら、かと思っていたら、結構しっかり降っています。これは本当ですよ。




 
[PR]
by sanakopi | 2012-02-14 04:59 | 本の話 | Comments(0)

こちらは暦どおり春。。

 それは、花粉症でわかります(泣)

 といっても、数年前からぐっと症状は軽くなってしまって、抗アレルギー薬などは飲まなくても、シーズン中に何回か、抗ヒスタミン薬でうつらうつらするだけです。

 軽いとはいっても、くしゃみ鼻水、さらにお薬飲まなくても頭がぼーっとして集中力がなくなるのは困ります。

 なので、どうしてシーズン中に何度かは悪化する日があるのか、天候は安定していて、雨の降った後、とか強風の日とかはないので、なにか原因がないかといつも考えています。

 ひとつ気になっているのは、調子悪くなるときは、その直前くらいにす~~っと寒さを感じるということです。

 症状がでたあともふともものあたりとか指先が妙に冷たくなったりします。

 普段冷え性ではない私ですが、どうもこうなると、冷えの強いとき、アレルギーも悪化していると思われます。

 どうみても、春めいていて、午後は着込んでいると汗ばんでしまうとわかっている日でも、しっかりセーターを着て一日をはじめてみようかな。それから体を温めるものを食べてみましょう。

 お薬に頼らず、この春も乗り切りたいです!!

 雪と戦っているみなさまにも、春の気配がとどきますように。
[PR]
by sanakopi | 2012-02-07 01:56 | Comments(3)