シリコンバレーから新宿へ。引っ越しても就職してもやっぱり本ばっかり読んでる薬剤師さん?!


by sanakopi

<   2010年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧

『ジウ』

 読んだ本です。ひさびさにこわかった~~~

 誉田哲也さん、かなりの筆力!!剣道に打ち込む少女を描いた『武士道シリーズ』では、若い層も読みやすそうな感じで書いてましたけど、ジウでは堂々たる社会派ぶり。警察の面々もそれこそ『新宿鮫』に負けないくらいリアルでした。

 解説とかには、二人の女性刑事を軸に、、、とかって書いてあって、たしかに彼女たちも魅力的なのですが、なんといっても私には『ジウ』そのひとが印象的でした。

 この本の後は、補習校の図書コーナーで『守り人シリーズ』の最終章『天と地の守り人』全3巻を読んだのですが、ジウは、このシリーズに登場してもおかしくないような不思議な魅力、異界から迷い込んだようなよるべなさみたいなものがあるな、と思いました。

 読んでばかりいて、首筋やら肩やら痛む今日この頃ですが、読書の秋ですからね、いいでしょう。


 
[PR]
by sanakopi | 2010-10-27 02:58 | 本の話 | Comments(0)
 今は、便利なものがありますねえ。

 インターネットラジオ、30分の番組を週に1本くらい作って、どんどん配信。もちろん古いものも聞くことができます。

 ベイエリアで最近配信をはじめたラジオ局で、DJをしているお友達に誘ってもらい、おはなし会活動を紹介してきました。

 大学時代の放送研究部の活動を思い出して、なつかしくも楽しい1時間くらいの収録でした。

 自分の声は好きじゃないので(そういいながらお話聞いてらうってのも、失礼かなぁ)自分では聞きたくないけど、配信が始まったら、ぜひみなさんにはちょこっと聞いてみてほしいなと思っています。

 乞うご期待!!
[PR]
by sanakopi | 2010-10-25 07:51 | Comments(4)
 このひと、おはなし会おはなし会いってるけど、本は自分が読んだのばっかり、絵本にはくわしくないんじゃない???なんて、読者の方もいらっしゃるかもですね。

 絵本ももちろん手に入ったものを読んだり、絵本サイトで立ち読みして新しいお気に入りを見つけたりしていますよ。おはなし会のプログラムでは、長いの、中くらいの、みじかいの、と3冊季節感のずれてないものをバランスよく選ぶようにしています。

 その会で心をこめて読んで、子供たちが楽しんで聞いてくれて、で完結しちゃって、なかなかここにまで書くことがないのかもしれません。

 最近サンノゼ図書館にも、補習校の図書室にも入った、かがくいひろしさんの、
 
 『だるまさんが』『だるまさんの』『だるまさんと』

 このシリーズ3冊、三様のたのしさがあって、小さい子から大きい子まで体で笑って楽しめます。

 あまりにも楽しかったので、読んでみたこちらがびっくりしたくらいでした。

 目を合わせて、一緒ににっこりしたくなる、かわいい表情のだるまさんに、みなさんもぜひ、会ってみてください!!



 
[PR]
by sanakopi | 2010-10-15 06:06 | 本の話 | Comments(0)
 やっぱりいいですね~~~、猫ちゃん。

 借家なので、家の中にはいれてあげられないのですが、すっかりなついちゃって、昨日は私やだんなさまのひざのうえでくつろいでくれました~~。

 なんだかんだからんでいると楽しい時間が流れて行って、連休でも、おでかけいらず。

 最初に調子に乗ってお肉やらお魚やら、おやつにあげちゃったけど、おうちで食べなくなると、飼い主さんも心配するだろうから、なるべくあげないようにしようか、と家族会議で決めてみました。
 
 かわいい声で、にゃあ?とか言われると、なにかあげたくなっちゃうんですけどね!
[PR]
by sanakopi | 2010-10-13 01:50 | Comments(6)

猫は箱がすき?

 猫って言えばダンボール箱ですよねえ?

 そんなふうにすりこまれてるのは日本人だけでしょうか??

 ほとんど毎日、日中はうちのバックヤードかフロントヤードで過ごしているお隣の猫ちゃん。のんびりお昼寝にも肌寒そうな日が何日かありました。一生懸命日向から日向へと移動したり、ちょっとでも高いところはあったかいのか、外におきっぱなしのテーブルの上に乗ったり、工夫しているのがありあり伝わってきたので、これは『箱だ!!』と。

 ちょうどよい大きさの日本からきたみかんのダンボール箱(もちろんみかんが入ってやってきたわけではありません。それは無理です)を、お気に入りの場所付近に置いてみました。

 でも、ぜ~~んぜん興味なし。っていうかいやそう。

 なんでかな~~~、あったかいのに、箱の中。

 だんだん寒くなってくるし、もう少し出しておいてみようかと思っています。

 でもまあ、心ある飼い主なら外に出さず、おうちでぬくぬくさせておくかな?



 
[PR]
by sanakopi | 2010-10-09 09:13 | Comments(2)
 昨日は、ぽぽんたの会として、毎年参加しているミルブレーのお祭りでのおはなし会に行ってきました。

 毎回、どんな子たちがきてくれるかな、たくさん来てくれるかな、あいのてを入れてくれる子はいるかな、なんて、時間前は心配するのですが、子供たちの前にたつとそんなことはみんなふっとんで、彼らを楽しませることに夢中になれる、貴重な時間です。夢のような時間ともいえますね。

 いつもは人数が少なめだった午前中の第!部、今年は4,5歳の子も来てくれていて、もう、これ以上ないかも、というばっちりな反応、あいのてあり、とても演じやすかったです。

 腹ごしらえして、の第2部は、一番の人出がある時間帯。少し演目を多めにして、30分を超えるプログラムになりましたが、最後まで飽きることなく楽しんでくれていました。

 2部から20分ほど休んで3部にはいったので、続けて見に来てくれた子はちょっとお疲れ気味だったかな。最後は、うそっこのケーキや、カレーライスをみんなで分けて食べて、満腹気分だったと思います。

 私一人で、毎週やっているおはなし会は、絵本と歌と手遊びなのですが、パネルシアターや、人形を使ったおはなしに目をキラキラさせているのを見ると、もっとがんばらなくちゃ、という気にさせられます。心をこめて、丁寧にかわいく作られた作品に対しては子供たちも本気の視線を送ってきますし、おざなりに作ったものでは、それなりな反応しかかえってこないものです。

 こういう機会に、少しずつでも成長していけるというのは幸せですね~~。
[PR]
by sanakopi | 2010-10-05 06:37 | Comments(0)

三浦しをんさんの本!!

 少し前にお友達からどっさり借りた三浦しをんさんシリーズ。

 『神去なあなあ日常』
 いろんな職業人を書くのが上手で読み終わる頃にはその仕事にあこがれてしまうのですが、今度は『林業』なんでこんなにかっこよく書くかな~~?!

 『まほろ駅前番外地』
 こちら、便利屋さんです。あいかわらず男前だ~~。BLの力を借りなくても、なんとなく色気のある男二人を書けるんだわ~、と感動。『図書館戦争』の堂上教官につぐ、お気に入りキャラです。

 『格闘するものに〇』
 デビュー作。めずらしく女の子が主人公。この子がしをんさんなのかな?

 『月魚』
 こちらは『古本屋』。なんか、まほろの二人が若くなってここにいる。。。かも。でもこちらばぎりぎりプラトニックなBLとみた。

 『白いへび眠る島』
 ファンタジーホラー?それほど怖くはないですけど。それとも青春モノといったほうがよいか。アニメになったらきれいだろうな~~

 『光』
 これは読んだ中でちょっと引いた作品。めずらしくキャラが生き生きと動いていない。似たようなテーマ、設定でもっとよく書けている小説がすでにある気がします。

 読んでた当時、なんかいそがしくて書きそびれてたのでまとめて。

 作品によって軽め、重め、ありますが、読み続けたい作家さんです。
[PR]
by sanakopi | 2010-10-01 01:06 | 本の話 | Comments(0)