シリコンバレーから新宿へ。引っ越しても就職してもやっぱり本ばっかり読んでる薬剤師さん?!


by sanakopi

<   2009年 11月 ( 8 )   > この月の画像一覧

 途中であわててギアチェンジをしなければならないところが何回かあって、子供向けに書かれているのですが、のんびりしているとその世界からはじき出されてしまう、緊張感のあるファンタジーでした。

 はじまりは、体が弱く、ベッドで過ごすことの多かった少女が、元気になって久しぶりに入った森で不思議な体験をする・・・・彼女は、頭の中で話のできる数人の(この世界の人とは思われない)友人がいます。

 このあたり、なじみぶかいかんじで、安心して読み進めていきますと・・・・

 なんと、途中、彼女が彼女ではなかった、というような事態が発覚!!!

 みんなそれまで『こうだ』と聞かされてきたのと違う人物なのだ、とどんでん返し。

 さらに物語はどんどんねじれていくかとみせて、しっかりした大団円へ。

 気合を入れて読むと、とてもおもしろいです。
 もしくは、森をたくさん歩いたあとに読むのも素敵です。

 ぱらぱらっとは読めない長編でした。読書の秋にふさわしく。
[PR]
by sanakopi | 2009-11-24 07:51 | 本の話 | Comments(0)

NO6 あさのあつこ

 すごい展開になってきましたね~。

 最新巻の7巻を補習校の図書室で借りて一気に読みました。念のため6巻も一緒にかりて、大事なところはもどって復習しながら読んだので、ばっちりつながりました。

 紫苑の成長をえがくことがひとつのテーマなのかな?

 あとは、自然を排除してしまった世界のゆがみとか?

 まだ、くっきりとは書かれていないのですが、超自然的な力が存在することになっているけれど、それをどんな風に作用させていくのでしょうね。

 名作『バッテリー』のときも、2,3,4巻と盛り上がり、高まっていた期待が結末近く、すーっとさめてしまったので、それだけが不安です。

 ここまできたら、どかーんと最後まで息切れしないでお願いします。
[PR]
by sanakopi | 2009-11-21 15:19 | 本の話 | Comments(0)
 いつも、しっかり広告チェックして、セールのもの中心に、買い物メモにあるものしか買わない私。

 とくに食料品のお買い物では、なかなかアドレナリンが駆け巡るとこまでいきません。

 しかし、今日は!

 なぜかアドレナリンがでてしまい(きっと、ずっと探していたレバーのパテが見つかったからかも)、うちとしては破格に高い調味料を買ってしまいました。

 『バルサミコ酢』です。なんてことはない・・・・

 ず~~っとまえにも一度、帰国された方からのもらいうけ調味料のなかにありまして、試してみたのですが????なんでこれがおいしいのかわからない、という状態で、使いきれずに処分しました。

 今回リベンジとなった理由は、少し前に英語の先生のKとランチをしたレストランで、ちょこっとそえもののオーガニックグリーンミックスが、すごくすごくおいしく感じたからなのです。メニューによれば、バルサミコ酢であえただけらしい・・・・

 さて、ことしのサンクスギビング、目玉は、まちがいなくこのバルサミコ酢!!

 な~~んて、小さめのビンで、17ドルくらいだっただけですけど・・・・・・

 ああ、小市民だなあ。。。。。
[PR]
by sanakopi | 2009-11-19 14:46 | Comments(4)

楽しく歌う!

 寒くなりました~~~。

 そのせいか、偏頭痛の大発作ではないのですが、あっちがちらちら、こっちがぴりぴりと痛かったりして調子の出ない日が続いています。おかげさまで口内炎のほうはなんとか下火になりました。どちらかというと食べすぎ注意報ですね。

 それでも、元気を出してでかける土曜日。

 もちろん午後のほうかごクラブも大事なのですが、秋になってから、2学期の最後におこなわれる特別授業のために補習校保護者で結成された合唱団の練習があるのです!!

 指導をしてくださっているのが、娘のクラスメートのお母様でもありますが、でもでもつい敬語を使いたくなってしまうのは、あこがれの女性コーラスの指導と指揮をさなっていて、もちろんソロの歌も聞かせてくださるのですが、どちらもとても素敵な、すばらしい音楽家でいらっしゃるからです。
 
 彼女のすばらしさは、指導を受けてみてさらにはっきりくっきりわかるようになりました。

 練習中、常に明るく元気、きびしいことはいっそう明るく楽しく伝えてくださるので、みんなリラックスして、笑顔で歌えるのです。

 あんまり楽しいもので、彼女が高学年児童の希望者による合唱団の指導も引き受けてくださったという話を聞き、娘に

 『ぜったいぜったい、合唱団にはいりなさいっ!』

 と、めずらしく命令口調で勧めてしまいました。

 そして、はじめての練習に参加してきた娘の感想も、

 『準備体操だけでもたのしい!!』

 こんなに楽しく歌う場を与えてくださる関係スタッフのみなさまに感謝感謝です。
[PR]
by sanakopi | 2009-11-17 05:04 | Comments(2)

読書の秋

 今年もやってきました、読書の秋。

 年中読んでいるんだから、とりたてて、秋、と騒ぐこともないのですが。

 お友だちから、よい本を何冊かお借りできたのもうれしい!!やっぱり、気の合う人がいいよ、と言って紹介してくれる本は特別なのです。

 まず『白旗の少女』

 これは、第2次大戦の終盤の、沖縄が戦場になったときのことを、当時7歳だった女性が書かれたノンフィクションです。つい最近、ドラマ化され、放映されたばかりだとか。

 彼女はまず冒頭で、自分が白旗を持って投降したときの写真を撮った、アメリカの従軍カメラマンを探し、再会を果たします。私も、この少女の写真や映像は、テレビの戦争特集の番組などで見たことがあったように思います。親と一緒なわけでもなく、でもにこにこして旗を振ってカメラをちゃんと見ていたので、アメリカ軍のひとに、こんな風にして、と指示をされていたのかな、などと思った記憶があります。

 その映像の少女に、こんな壮絶な闘いがあったとはおどろきました。

 沖縄戦より前に亡くなった母親や、逃亡をはじめてすぐに亡くなってしまったお兄さんが守ってくださっていたのかもしれませんが、極限状態の彼女の強さには、沖縄という土地の生命力も味方したのでしょう。

 また、あの白旗には、深い深い想いがこめられていましたし、カメラにむかった笑顔は、父親の教えを忘れなかった彼女の精一杯の勇気だったのです。

 当時のことを全然知らずに勝手な失礼な推測をしていたことがとても恥ずかしいです。

 我が家の子供たちには、あまりきちんと戦争のことは話していなくて、そろそろ、こういったよい本もきっかけにして伝えておかなければいけないのではないか、と考えるきっかけにもなりました。

 それから、『シマウマだけどウサギ』

 これは絵本です。見ているだけでとても楽しい。隠し絵のようなかんじかな。

 『マーリン』のシリーズの最終巻。このシリーズは1巻だけ読みましたが、まあ、間が抜けても最終巻は濃い内容でした。『指輪物語』や、『アーサー王物語』『ゲド戦記』など、古典的なファンタジーからの着想もあるでしょうが、現代の子供(や大人)が読みやすく楽しめるようなカラフルで躍動感のある物語になっています。

 あと、ダイアナ・ウィン・ジョーンズの分厚い本を今、読んでいます。

 あ、あと少年サンデーもお借りして、たくさんある連載のうち、半分くらい楽しんで読んでいます。

 『最上の命医』という医療モノがなかなかよいのと、あだちさんの『クロスゲーム』、アニメにもなっている『ハヤテのごとく』、ほかにもいくつかおもしろいのがあります。私には、こたの買っているジャンプより、読めるのが多いかな~~~。

 これら、全部買ったらたいへんです。

 大きな心で貸してくださっている、みなさんに心から感謝します!!



 
[PR]
by sanakopi | 2009-11-12 01:32 | 本の話 | Comments(8)

痛い。。。。

 もう、涙目でご飯を食べておりました・・・

 何が痛いって、口内炎です。

 大人になってから、だんだん胃が弱くなって、それとともにおつきあいの増えた口内炎ですが、ここ数年、対策を考えなきゃ、と思うくらいよくできます。ひどいときは3つ4つ同時にできたりして。

 そこで、内科、歯科、カイロの先生にまで相談するも、誰一人画期的な対応策はお持ちではありませんでした。ほんとうに、対症療法しかないんだな~~~

 ただ、歯科の先生が、『ビタミンB12を1ヶ月以上のみ続ければ、軽くなる、という研究結果が最近出ました』と教えてくださったので、時々飲み忘れながらも飲んでみています。

 その後、たしかに少し減ったり、小さいうちに消えたりして、いい調子と思っていたら、久しぶりに口角の近くのぎりぎり内側、という最悪の場所にできた口内炎が、あれよあれよというまに大きくひどく炎症をおこしてしまいました。

 う~~む、これもストレスからか・・・

 そして、この3日ほど、ほんと、しゃべる、たべる、が苦痛です。これは生活の質を著しくさげます!

 怒りっぽくなって、ちょっとしたことにもいらいらします。

 痛いってよくないなあ。

 きっと昨日が痛みのピークだったにちがいない、と信じて今日1日をがんばります!
[PR]
by sanakopi | 2009-11-07 01:18 | Comments(2)
 あ~~~、なんかつらいです~。

 サマータイムが終わった日曜日は、別にだいじょうぶで、あーよくねた、というだけだったけど、昨日はやけに朝早くから目が覚めてしまい、でも起きたくなくてぐずぐず、午後になったら強烈に眠くなるし、夜は夜でまた眠かったです・・・

 そして今日も、さいあくの寝覚めの悪さ・・・

 目が覚めたら起きてしまえばいい、ってわかってはいるものの。きっと早朝の散歩とかが体にいいに決まっているのですが。

 きっとこれは、時差ぼけにちがいない、と勝手に決めました。

 あと、1週間、とにかく心配しまくったのがボディーブローのように効いてきているのかもしれません・・・

 せっかくあたたかい(午後は暑いくらい)のだから、なるべく外を歩くようにしてみます。

 あ、そうそう歩くといえば、土曜日で、景気も悪くて静かかな、と予想していたハロウィーンでしたが、このあたりは特別みたいで、準備したお菓子は8時で売り切れました~~。今年は、どうでもいい、捨てられそうなお菓子はやめて、たいていの子が大好きなFUN DIPと、トドラー以下には大きめサイズのStarburst、中学生以上のグループには大きめ袋のSkittles。あと、みんなに暗い所で光る、フェイクのへびも。

 あとで出してみた時に、ちょっとうれしい、っていうものを考えてみました。

 子供たちの仮装もちゃんとした(お金がかかった?!)ものが多くて、ほほう、このあたりはさすがにお金に困ってる人はいないのか・・・・と思いました。

 うちの通りは、一軒売出し中の空き家はあるものの、ほぼどのお家も派手ではないものの玄関先は飾って子供たちを待っていたと思うので、”あたり”だったと思いますよ。

 来年は、もうちょっと数を増やして待とうかな~~~。
[PR]
by sanakopi | 2009-11-04 01:36 | Comments(2)

こた、回復中

 ご心配おかけしましたが、やはり、マル1週間をすぎたいまでも家族への感染はなく、こたのしつこい咳も徐々には減っています。タミフルの副作用もありませんでした。

 ほっ。

 日本のニュース(わたしは某国営放送の速報版が好きですが)で、何歳の子が、こんな経過で亡くなりました、というものを読むたびに、胸が痛みます。

 昨日の補習校のときに、お友だちのお母さんたちと立ち話をしましたが、仲良しの中で、ほかにも数人、H1N1だろうと思われるインフルエンザにかかっている、ということでした。

 またまた、ほっ。

 こたがとりわけ免疫が落ちているとか、そういうことではなく、この地域で爆発的にひろがっていたんだな、と。

 もちろん、その子供たちは、みなそれほど重症な経過をたどっていないそうです。

 またまたまた、ほっ。

 もちろん、予防できるにこしたことはありません。20秒、手を洗いましょう!!




 
[PR]
by sanakopi | 2009-11-02 03:08 | もやもや病/肺高血圧関連 | Comments(4)