シリコンバレーから新宿へ。引っ越しても就職してもやっぱり本ばっかり読んでる薬剤師さん?!


by sanakopi

<   2009年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧

栗本 薫さんのこと

 5月26日は下の娘、さなの誕生日。

 今年も仲良しのお友達と、これ以上ない、っていう楽しい時間をすごしました。

 そんな日に、寝る前にもう一度、と何気なくチェックしたニュースで、大ファンだった作家、栗本 薫さんがお亡くなりになったことを知りました。

 毎日、訪れることで励まそう、と決めていた彼女のサイト『神楽坂倶楽部』もアクセスできなくなっていて。

 実際に会ったこともない方なのに、こんなに悲しいとはおどろきでした。

 彼女の大作、『グインサーガ』は、私にとってもうひとつの故郷のようなものでした。その世界はそこにあって、グインも、イシュトヴァーンもそこで、悩み、苦しみ、生きていると感じられ、新しい巻が出るごとに、ちょっとその世界へ行って見ることができました。

 普通の作家の方々は物語を作り上げていく過程で、『書きすぎない』ようにされていると思います。それが読者の想像をかきたて、より刺激的なドラマを演出することもあるでしょう。テンポよく進む物語も評価が高いと思います。

 けれども、『グインサーガ』では、栗本さんはあえて物語を作ろうとせずに、彼女がもっとも近くまでいける、よく聞こえる、その世界のことを、事細かに、あますことなく読者に見せきってくださったのだと、私は考えています。

 悶々とするときは、たった1ページ分ですっきりしたりするでしょうか?

 人と人との信頼感ができるとき、2,3ページで足りるでしょうか?

 そんなとき、とても現実的な時間軸で、グインの登場人物たちは行動しているのです。それを、全部私たちも見られるんです。

 だからこそ、私にとっては日本と同じように、帰りたい場所になりました。

 もう、残り何冊かで、それは唐突に終わるんですね。。。。

 もちろん、その世界で、彼らは生き続けていくと信じることができますけど、もう私にはその先の未来は、見ることができないのですね。

 栗本さんが見せてくださった世界、大事にしていきます。ありがとうございました。
[PR]
by sanakopi | 2009-05-29 13:11 | 本の話 | Comments(2)
 むずかしいですね、お手玉って。

 藤田さんが、いとも簡単に、

 『いっちばん はじめは いっちの~みや~~』

 なんて歌いながらなさるのを見て、練習すればできるかな?と思いましたがこれがなかなかむずかしい。

 こたと一緒に、片手2個ゆり っていうわざを練習してみましたが、そう簡単にはできません。ネットで、コツを検索してみましたが、う~~~む。1メートルくらい投げ上げてみても余裕がありません(汗)

 さらに動画も検索。

 藤田さんほど、上手な方の動画は見つけられませんでした。

 つまり、藤田さんはかな~りの腕をお持ちだった、ということですね。

 でも、できなてもそれなりの楽しさはあります。上手にできている時の軽い『ちゃっ、ちゃっ、ちゃっ』という音もいいし、失敗しておっことしたときに、容赦なく『じゃっ』ていうのも。体がリズムに乗れている時はうまくいくような気がします。

 もちろん、若いこたのほうが上達が早いです。

 片手2個ゆりのほかに、3個クロスもだいぶじょうずになってます。
[PR]
by sanakopi | 2009-05-26 08:01 | Comments(0)
 これ、読むのに時間かかりました~~汗

 やっぱりこの年になっても『教科書的』なものは、読むと眠くなる、っていうのは変わらないわぁ。

 でも、それでもとぎれとぎれに頑張って読んだかいがありました。

 2000年以降、こんなにいろんな新事実(新化石のおかげ)が見つかっていたとは。まとめてもらわないと、何がどうで、どんなふうにすごいのかってなかなかわかりにくいですよね。

 そして、この本を読み終えた翌朝、テレビで、霊長類の祖先と思われる小さな動物の化石のニュースが!!

 人間の起源をたどることは、すなわち私たちの根っこがひとつだ、っていうことの証明でもあり、どんなひととも仲良くしていけたらな、っていう夢の根拠になるからいいと思うんですよね。

 人間らしさ、っていうのは仲間を助けられること。

 自分で捕食できない体になってしまってから、仲間の助けで何年も生きながらえる、それが人間。

 そしてもちろん、言葉を使って気持ち、記憶を伝えていけるのが人間。

 私たちももう少しシンプルに生きられたら『人間らしく』なれないかな。
[PR]
by sanakopi | 2009-05-22 02:06 | 本の話 | Comments(3)
 今年度、5年生(小学校の最後の学年)のさなは、4月末からこっち、ふたつの『サイエンス』な行事のためにおおいそがしでした。

 サイエンス・フェアは理科だけの自由研究発表会。わが校では隔年。

 これの期限が5月6日。

 サイエンス・キャンプは林間学校。わが校では車で30分の山の中の施設に1週間。

 これが5月11~15日。

 この二つの準備でおおいそがしかった期間中、何度言い間違ったことでしょう!!!
 『わたしって本格的にあほか??』とおもうくらいしつこく間違えました~~。

 頑張ったかいあって、サイエンス・フェアはGATEの生徒だけのなかで2位。賞金50ドル。
 3年生の時は、学年で3位、賞金25ドルだったので、レベルアップです。

 そしてキャンプのほうも、インフルエンザの患者が、となりの学校区にも出ていたこの状況の中、落ち着いておこなわれ、

 『もう1週間いってもいいな~~~』

 というくらい楽しんで帰ってきました。

 どうやって『全員』を楽しませるのかなあ、その秘法を教わりたい。。。。

 そうそう、キャンプではシャワーの時に着る水着を忘れて、初日に管理棟の電話からかかってきたのでこちらはびびってましたが、ただの忘れ物でほっ。だんなさまが夜にとどけてくれて事なきを得ました。

 絶好のお天気の1週間、終わるや否や週末は酷暑になりました。

 ほんとうに運がよかったさなたち!!

 どちらも、いそがしがっていたのは親のほうで、さなはさらりとこなしていました。

 頼もしいなあ!!
[PR]
by sanakopi | 2009-05-18 04:49 | Comments(4)

秋の牢獄

 最近、なんとなくスケジュールがいっぱいだったり、あれやこれや頭の中や心の中が忙しいかんじがして、あんまりどっしりとした本を選んで読む気がおこらず、めずらしく「すきま」が広めになってます・・・

 そんなときでも、ちょこちょこっとは読むんです。

 いちおうこた用に定価で買ったアンソロジー集のなかの「秋の牢獄」 作者は恒川光太郎。

 はじめての作家さんでしたが、ホラー大賞出身で、直木賞候補にももうなってる方ですね。

 「秋の牢獄」

 これは読んですぐにこたにも強くプッシュ、読ませました。77ページの中篇ですからすぐ読めます。

 「牢獄」なんだから普通の人ははいりたくないですよね?でもうちでは私もこたも、一緒にだったらぜひ入りたい、そんな牢獄でした。

 お天気のよい11月7日にとじこめられてしまうお話ですから。

 「できれば体調のいい日で」

 「できれば日本に帰ってる時で」

 なんて条件をつけていくと、いったい何をしているときが楽しいのかわかってきます。

 こんな後ろ向きじゃいけないのかもしれないけど、自分たちがどれほど明日以降のために今日を生きているのかっていうことがわかってくると、

 「今日を生きよう」

 っていうことがもっとよくわかる。

 そんな風にかんがえることができた、いい作品でした

 『十代のための新名作 きみが見つける物語 休日編』こちらに入っていたおはなしでした~。
[PR]
by sanakopi | 2009-05-13 03:37 | 本の話 | Comments(0)

選び抜かれた野菜たち!

 ライブラリーで借りた、野菜の育て方の本を、2回リニューアル、2ヶ月近く独り占めにして考えに考え抜いて、おまけにナーサリーでも悩みに悩んで選んできた苗、それからカリブリのまーすぃさんからわけていただいたきゅうり5兄妹の苗!!

 きゅうり5兄妹は、少し大きめの兄貴分2本と、妹分2本、さらにちっこいの1本で、時間差収穫ねらいです。
 (まーすぃさん、アドバイス、ありがとうっ)

 Yamagami Garden Centerでトマトの前で3往復して決めた、今年たった1本のトマトはその名もチャンピオン。丈夫で確実な収穫。

 あとは、苗からオーガニックのグリーンビーンズ(いんげん)

 周りから順番に大きくなった葉っぱを収穫予定のロメインレタス。

 今日、ぐずぐずお天気の晴れ間に、植えました!!!

 いつもどおり、写真なくってごめんなさい。

 数日前に混ぜ込んだ、Dr.Earthの肥料がいい感じになじんで、細いみみずも発見。いい土になっている模様です。今年はオーガニックで収穫できるかな?!

 おまけにこの湿ったお天気で、ドライになってしまう心配もなし。

 あとはまめに雑草を抜いて、がんばるぞ。

 子供たちも土いじりをすると、なんとなく満足感。。。。
[PR]
by sanakopi | 2009-05-04 07:39 | Comments(0)