シリコンバレーから新宿へ。引っ越しても就職してもやっぱり本ばっかり読んでる薬剤師さん?!


by sanakopi

<   2009年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧

子供たちのしあわせ

 子供って、どんなものを与えられたらしあわせなんでしょう。

 たくさんの魅力的なものがもう存在していて、存在していることを知ってしまっていて、ほかの子が持っていて、自分も欲しいと思ってしまう、親は手に入れることができてしまう、そんな時代に生きていると、ものを与えないで育てることは本当にむずかしいです。

 今回藤田さんから、ご自身の子供時代のこと、さらに幼稚園で見てきたたくさんの親子についてもお話を伺って、昔のもののなかったことを、ほんとうにうらやましく感じてしまいました。

 形のあるもののかわりに、たくさんのおはなしや、自然のなかでの体験、あたたかな大人の目。そういったものをたっぷり与えられて育った彼女の人間的な大きさや、深みに触れるたびにその価値を実感することができました。

 人間らしく子供が育つには、育てる側が人間らしくないといけない。

 あたりまえのようですが、乳児の時には、授乳する母親がテレビを見ながら、メールをしながら、幼児になると、知育ビデオをたくさん見せて、親は親で『今、ドラマ見てるから』と子供よりテレビだったり、大きくなると、勉強にも使うから、とだんだんパソコンに向かう時間が増えてもまあいっか。わがやもチャンネル争いはないものの、パソコンの取り合いが。。。。

 なんとたくさんの時間、人間じゃなく、機械が子供を育てて(?)いることでしょう。

 50年前に比べて、家事にかける時間が10分の1になっていても、子供に対する言葉かけも同じように減っているそうです。いったい、親たちは何に時間を奪われているのでしょう。

 考えるほどに、自分の愉しみのためと、お金を得ることに多くの時間をさいていることに気付きます。

 気付いたら、変わることができるでしょうか。そう簡単にできそうにありません。。。。
 それでも、物を買い与えるとき、ほんとうに今必要か、よく考えたり、子供と話し合ったりすることはできますね。



 もうひとつ、子供がすべきこととはなんでしょう?

 食べる
 寝る
 遊ぶ
 学ぶ

 この4つが難なくできる子は、手がかからないいい子ですよね。そして、私たちはこれらのことを十分にさせてやることが親の義務のように考えていると思います。

 (兵士として)闘う
 (お金を得るために)働く

 このふたつは、かわいそうな子供のしていること。

 もちろん一つ目の闘う、は、決して子供にさせたくないと私も思います。しかし、一方、役割を与えられて目を輝かせて銃を持つ、そんな映像をどこかで見たことがありませんか?

 昔の日本の農村では、子供も大事な労働力であり、いまは子供を早く眠らせようと親が絵本を読んでやり、子守唄をうたってやりますが、当時は逆で、眠らせないためにわくわくするようなはなしや、調子のよい歌を歌ってやったのだそうです。

 子供にだけ働かせるとしたら、それは虐待でしかないでしょうけれども、家族がひとつになって仕事をしている時、自分も一緒になって働き、頼りにされ、感謝されることは、誇らしく、うれしいことではなかったでしょうか。

 いまは時代が違うから、と言ってしまえばそこまでですが、私はせっかく気付けたこと、考えられたことを大切にして、いまなりに、自分なりにできることがないか、工夫していきたいと思います。

 えらそうに言っても、お漬物も梅干も自分で漬けられないし、お味噌の仕込みもやったことない、できの悪い主婦です。子供と一緒に何をしたらいいのかな?

 いいの、いいの、すこしずつ。

 


 
[PR]
by sanakopi | 2009-04-24 11:27 | Comments(0)
 水曜日に空港でお迎えして、月曜日におなじく空港でお見送りするまでの6日間、藤田さんは、このベイエリアで、たくさんの子供たちと、子供の心を忘れていない大人たちに、わくわくするおはなしや、手や体全体を使った遊びを届けてくださいました。

 私自身、数え切れないたからものをいただいた気がしています。

 形のあるものもあれこれ。お手製のものばかり。

 びゅんびゅんごま
 紙風船
 牛乳パックガエル
 かみつくへび
 紙でつくった、ルービックキューブ風のパズル

 形のないものはもっとたくさん

 子育てで大事なこと
 おはなしは、本から覚えてもむずかしい。。。聞いたものが自分のものになる。
 眠る力が、体力!
 絶やさない笑顔

 子育てで大事なことは、もっと早く聞きたかった・・・ということも多かったんですけど(苦笑)、納得できることがいろいろ聞けたので、後で改めて書いて見ます。

 あとは、今回の観客の子供たちは、『おはなしを聞く楽しさ』をもうわかっている子供たちだったから、とてもよく聞いてくれたし、はなしやすかったですよ、と言っていただいたこと。
 私の図書館でのおはなし会や、二つの補習校でのおはなし会活動も役に立っているかな。
 現地校の英語環境のなかでも、よくたのしいおはなしを聞いているのかもしれません。

 何よりのたからは、これからの自分のやりたいことがはっきりと見えるようになったこと。
 『いつか、藤田さんみたいになりたい』

 人生40年を過ぎて、目標がもてるなんてすごく運がいいでしょう。

 もうひとつは、たくさんの人たちとつながりができたこと、かな。それも、藤田さんのおはなしにきらきらした瞳で聞き入っている、そんな素敵な大人の方にたくさんお会いできたこと。

 こういったこと、『たからの持ち腐れ』にしないように、おはなし会や、補習校のほうかごで実践して、つながりも途切れないようにしながらがんばります。

 藤田さん、ほんとうにありがとうございました。大好きです!!



 
[PR]
by sanakopi | 2009-04-23 00:35 | Comments(5)
 もう、頭の中がてんぱって来ました~~。

 おはなしおばさんinベイエリア♪

 わたしたち、ぽぽんたの会がお招きするわけですから、藤田さんにも楽しんでいただき、きてくれる子供たちにも(大人たちにも!)100%満喫して欲しい。そのために準備おこたりなく・・・と思うのですが、どうも浮き足立ってしまって、考えが落ち着きません。

 まず、公演のまえに、藤田さんと、藤田さんをおうちに迎えてくださるメンバーの夕食を私が担当しているので、そのお料理からです。下ごしらえからですね。

 そして木曜日の午後の公演は私が責任者なので、メールのチェックも怠りなく・・・

 今日までは、忙しいのは頭の中だけですが、明日からは忘れ物なく、迷子にならず、動いていかなくっちゃ。
[PR]
by sanakopi | 2009-04-15 00:51 | 本の話 | Comments(0)
 日本初、義務教育として認められた、インターナショナルスクールだそうです。

 最近も、帰国される方が何人もいらっしゃいますが、帰国後、せっかくのアメリカ生活が生かしていけるように、選択肢は増えたほうがうれしいですね。

 校長先生も、白人の先生でした~。
[PR]
by sanakopi | 2009-04-11 12:10 | Comments(2)

ホームスクール

 春になってから、きっかけはアレルギーがきつかったことだと思うのですが、こたの体調の悪い日がつづき、肺高血圧の代表的な症状のひとつである、大きな声が出ない、というのがやや顕著になってきたようで、とくに英語で話すとき、ほとんど相手に聞き取ってもらえないみたいです。

 いままでも楽しくなかった学校が、いよいよいやになり、半分は病気のせい、半分はただいやだから(これはわがままという?)、ここのところまとめて休んじゃってました。

 さすがに学校に連絡しないとなぁ~~、ということで、学年主任にメールしてみたところ、

 『ぜんぜん大丈夫ですよ!卒業できないなんてことはないし、なんのペナルティもないからね。』

 おお、そうですか!!

 『ホームラーニングで、卒業までの2ヶ月、勉強できますよ。1週間に1,2回、先生を派遣してもらったりもできるし。』

 たしかに、学び続けなければいけないのよね、義務教育だから。。。。

 今までも何度かホームスクールのことは聞いたことがあって、興味はあったものの、私自身が学生時代ずっと楽しくてしょうがなかったので、子供たちにも学校生活を楽しんでもらいたいというのもあり、我が家にはありえない、と思っていました。

 でもまあ、こたに関しては、学校よりも家のほうが居心地がいい、ときっぱりしているし、ただでさえ少ないエネルギーを嫌いなことで使い切ってしまってはもったいないです。

 さてこれから高校についても考えなければなりません。

 中学校はとりあえずそんなかんじで卒業させてもらうことにして、9月からの高校の準備にかからなければ。

 パブリックの高校に籍をおきながら、ホームラーニング。

 プライベートの高校に籍を置いて、いくつかの単位は出席してとって、ホームラーニングも組み合わせ。

 または、完全に親がオーガナイズするホームスクール。(これは生徒一人のプライベートの学校という位置づけなんだそうです、おどろいた)
 
 選択肢が多いということは、自己責任というわけですから、主治医や、教育カウンセラーさんとも相談しながら、知的好奇心を引き出すような方法をさがしていきます。

 アメリカには引きこもりの子はいないのかな、と思っていたけど、この魔法の言葉、『ホームスクール』でみんな前向きに、ホームスクールで学んでいる生徒になれて、引きこもり、なんて後ろ向きな名前で呼ばれていないんだ、ということだと思います。

 もし、わたしが子供のとき、ホームスクールなんてものを選択したとしたら、どれだけ本を読み続けただろう?本を読むのが何より好きな私にも、実はあってたかもしれないです。

 あ、でも大きな声でおしゃべりするのもだいすきだった・・・・おしゃべりの相手も必要でしたね(苦笑)。





 
[PR]
by sanakopi | 2009-04-09 01:01 | もやもや病/肺高血圧関連 | Comments(4)
 欠かさず、読みたい本を身の回りにおいておく習性があるのですが、どういうわけか、この1週間ほど、何にもなくなってしまっています。

 あれ~~~?

 せっかくの3月5週目、わりと自由時間があるんだったのに~~~。

 いや、キープ中のガーデニングと、お料理の本はあるんですよ、ときどきぱらぱらっと見ているんですよ。

 あと、仕方がないからだんなさまの本棚から、『ペンギンもクジラも秒速2メートルで泳ぐ』という興味深い新書も読んだんですけど、やっぱり、どかんと小説を読まないと読んだ気がしない!!

 思い余って昨日は、『ハリーポッターと謎のプリンス』をひっぱりだしてきました。

 夏にようやく映画が封切られるようですしね、復習。

 あ、そんなに時間があるなら、もっと意味のあるしっかりしたエントリーを書く、という手があった・・・・
[PR]
by sanakopi | 2009-04-01 05:51 | 本の話 | Comments(2)