シリコンバレーから新宿へ。引っ越しても就職してもやっぱり本ばっかり読んでる薬剤師さん?!


by sanakopi

<   2008年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 ねえねえドラちゃん、

 高いほうの菜園に、すごいものが埋まってたよ~~~~

 ピーマンかなんか???と思っていた野菜、花も咲かずにだんだん枯れっぽくなってきて、そろそろ限界か、と思って根こそぎしようとしたら・・・・

 『ガツン』ときました!!!

 一番大きいのは、長いほうの横が、10センチ超え。

 お見事なじゃがいもがごろごろ。

 もう一本あるので、夕方涼しくなったら、子どもたちに、芋ほりさせますわ!!!

 ついでにガーデニング報告。

 3種類植えてみたトマトは元気。

 チャイブ、三つ葉、パセリ、ミントもまあまあ。三つ葉は、なかなかひょろりと長くはならないものね。

 これまたドラちゃん置き土産のにんじんも、すくすく太っている模様。

 お楽しみに植えてみたいちご。。。

 これだけは、赤くなったかならないか、のタイミングで、ことごとく誰か(だれ?)に食べられてしまい、あとかたなし。一個も口に入らない~~~

 最近仲間入りした大葉。日陰のないとこに植えてしまったので、てきとうな日よけを作ってあげてみた。どうかなぁ~~~。とりあえず、今日の夕飯のそうめんに使ってみよう、ちょこっと。
[PR]
by sanakopi | 2008-05-15 06:18 | Comments(8)
 去年の夏、その名の通りの『田舎』の私の実家で、さなは小学校の体験学習に行っていましたが、こたはいったい何をしていたのかというと・・・・・

 『マンガ喫茶通い』

 こたが、というのには語弊があり、中学生が、午前中に一人でいくのは問題ありすぎ、わたしがきっちりお供していました。

 『自分が行きたかっただけでしょ?!』

 というするどいつっこみは聞かなかったことにして。。。

 さて、だれもやってくれないなら自分で始めるしかないのか?!とまで思っていたマンガ喫茶ですが、ようやく開業にこぎつけてくださった親切な人がでてきました。

 頼りになるベイスポさんによりますと、SF日本町、近鉄モール内にある模様!!

 マンガ『2万2000冊以上』

 さて、これはどれほどの規模と考えればよいのでしょう?

 日本で行った店舗と比較してみればいいのかな?

 いやいやそれより、百聞は一見にしかず、まずは行って見なければ。だんなさまが日本から帰ってきたら、ぜひ連れて行ってもらおうと思っています。

 っていうか、これをきっかけに、SFにも自分で運転していけるように練習開始、かな。
[PR]
by sanakopi | 2008-05-13 09:32 | 本の話 | Comments(6)
 NAKAPさん、ありがとうございます。

 子供向けじゃない本を読み始めた頃に読み、その世界観にどっぷりはまりこみ、自分で似て非なる小説(みたいなもの)を書いてみた、という思い出の多い作品です。

 当時の、若者言葉に近いといわれた文体が、たしかに、一般読者を遠ざける感じがあって、この本が、いつまでも読みつがれる定番という位置を獲得できなかったらしい。。。というのもよくわかります。

 しかし、あなどるなかれ!!

 新井さんの、『生命』へのまなざしは、独特で、とても深いです。

 もう20年以上前の作品なのに、豊かさのなかで書かれたものなのに、現代の、食料不安への流れをずばり、読みきっています。

 自分で自分の体を維持できない人間の弱さ。

 私も、光合成できたらな~。

 カリフォルニアの、さんさんと降り注ぐ太陽の下で元気に生きられるのにな。

 明日から、暑くなりそうです。
[PR]
by sanakopi | 2008-05-13 00:36 | 本の話 | Comments(4)

コロボックル物語

 いや~~、本ばっかり読んでます。
 3月4月と忙しくてあまり読めなかった反動かな。

 今回も、補習校のおはなし会関係で、読み始めたわけですけど、おもしろくてやめられなくなってしまいました。3冊読んだので、さすがの私も10時から2時くらいまでかかって。。。

 シリーズは全5巻です。

 『だれも知らない小さな国』
 『豆つぶほどのちいさないぬ』
 『星からおちた小さな人』
 『ふしぎな目をした男の子』
 『小さな国のつづきの話』

 今回読んだのは、まんなか3冊。

 コロボックルは、日本だけに住んでいる、小さな人で、『スクナヒコノミコト』という神様が先祖だというのだから、血統もよく、体も頭も、人間の3倍速く動くらしいです。

 数ある妖精モノ、小人もののファンタジーのなかでも、私たち日本人にとってうれしい、同じ言葉を話す小さな人たちですから、親近感が格段にちがいます。

 私は、残念ながら、コロボックルのトモダチとして、選ばれないまま、大人になってしまい、あろうことか、異国に住むことになってしまいました。

 ほんとうに、ざんねん。。。
[PR]
by sanakopi | 2008-05-01 00:27 | 本の話 | Comments(4)