シリコンバレーから新宿へ。引っ越しても就職してもやっぱり本ばっかり読んでる薬剤師さん?!


by sanakopi

<   2007年 03月 ( 9 )   > この月の画像一覧

夫婦って?

 水曜日、木曜日、と2日続けて別な仲間と集まって話す機会があって、まず、水曜日に、

 『なにか、問題があるとき、誰に相談する?』

 というトピックについてみんなの意見を聞きました。

 親密な友達、(女性は)母親、カウンセラー、

 などと、あげられていく中で、配偶者はでてこない。

 大抵のことはまず、だんなさまに相談する私としては、????そこで、きっぱりと

 『私の場合は夫だけど、どうしてみんなはちがうの?』と聞いてみました。

 でも逆に、みんながびっくり。とても意外そう。そのうちに、まあ、その問題の種類にもよるわよね、みたいな方向で、収束していきました。

 私よりも、年長の方ばかりで、家族の絆は強そうな印象だったので、私の???はそのまま残りました。

 そして、今日も、ちょっとそれに近い話題になった時を見計らって、ふたたびさきほどの質問をぶつけてみました。今度は、ほぼ同年代の、主婦のみんなに。

 またまた、『私も!』と言ってくれる人はいませんでした。。。

 今回は、なんで?と逆に聞き返されることに。

 私は、結婚する時、何でも話し合えると思ったからこそ、結婚したので、一番の親友が夫である、じゃなきゃ、この先の人生やっていけないよ~~、と言ってみました。

 いや~~、ここまで、世間の常識と、自分の認識がずれていたことは、いままでないかもしれません。

 念のため付け加えておきますが、私たち、美男美女、大恋愛で今もラブラブ、このどちらでもありません。ごく普通の、15年目くらいの、あきらめかげんの夫婦だと。

 この件については、しばらく、しつこくリサーチしてみたいと思います!



 
[PR]
by sanakopi | 2007-03-30 09:23 | Comments(0)
 アメリカに来て、最初にとてもおどろいたのが、学校で、ごほうびに甘いお菓子が毎週もらえたこと。こたのクラスの先生は、『グミワーム』というミミズの形のグミを配ってくれて、すぐに、そのお菓子が好きになったこたは、そのおかげで1年目、2年目と、がんばれたかもしれません。

 そのほかにも、何かといえば、ごほうび。

 今は、甘いものを学校で与えるのはよくない、と、ようやく常識的な意見が広まってきて、ちいさなおもちゃや、学用品に変わってきたけど、カフェテリアでお行儀よくできたクラス、読書のポイントを一番たくさんためたクラス、寄付集めのイベントでも同じ。

 そんな時は、あたりまえだけど、成果にたいしてのごほうびなので、もらえない子はもらえない。

 まじめなさななんかは、何かあれば、ほぼ、もらえるので、寄付集めをしなくって、ごほうびのマジックショーに参加できなかった時は、ちょっと不機嫌でした。(この寄付集めのシステム、うちのだんなさまは大嫌いなので。大量消費をよしとするここならではのものです)

 そして、だんなさま情報によると、この夏、夏の電力消費のピークをおさえるために、電力会社のほうが、操作できるリモコンを、家庭のエアコンに取り付ければ、電気代の割引をしてくれるそうです。ピーク時には、15分ごとに入ったり切れたりする、運転に切り替えるのだそうです。

 『地球温暖化』という理論を理解することでは、重い腰があがらないけど、ごほうびがあればこんなことも受け入れられるのでしょうかね。

 さらに、今朝、テレビで、仕事場で、みんなで体重の管理ができるようにして、みんなで減量にとりくめば、60~70%のひとが減量できる、というニュースをみました。もちろん、ごほうびつきだったと思います。

 体重の管理なんて、めちゃくちゃ個人的なことも、おんなじなんだ、と驚きました。

 プライドの高い私は(笑)、あからさまなにんじんには、かえってやる気をそがれますけど。
[PR]
by sanakopi | 2007-03-28 00:43 | Comments(0)
 すごい本を貸してくださったTさん、ご主人にも感謝です!!

 ダン・シモンズは、1冊だけ、『夜の子供たち』を読んだことがありましたが、とんでもない世界を力技で構築してしまう、すごい作家だな、と思っていました。

 いや、今回も、すごい力技で。。。

 普通の本の3冊分くらいの分量で、さらにこれが終わっていなくて、さらに分量の多い次が控えているという大サービス。基本は、未来を描いたSFです。

 まとめることなど、到底無理ですが、感心したのは、現代のテクノロジーにきちんと言及しつつ、その行き着く先が描かれていることかな。インターネットの成れの果て、などは、さもありなん、というかんじ。クローンも、人工知能も。
 
 さらに、私が気に入ったのは、大好きなギリシャ神話の神々が大活躍すること。ギリシャの英雄たちとの対決は、どうなるのか、とても楽しみです。

 いや~~、ひさびさに、すっごくひろびろした世界を体験できました。
[PR]
by sanakopi | 2007-03-23 00:22 | 本の話 | Comments(2)

J-POP

 昨日、お友達と話していて気づいたのですが、子どもが生まれてからは、人生の速度がどんどん速くなったね、って。

 一人生まれて、2倍、もう一人生まれて2×2の4倍。

 そんなびゅんびゅん過ぎていく毎日の中で、大事だったはずの音楽が、どんどん置いてきぼりになっていました。とっきどきカラオケなんかにいって、おもいっきり歌うのは、ナツメロ?若かりし日に聞いて、歌って覚えた歌ばっかり。年に一度、『紅白歌合戦』なんぞを見ては、最近の曲はいまいちだな~~なんて。

 こたが、i-Podを使うようになって、どんな曲をダウンロードする??と、i-Tunesのサイトを検索したり、TVジャパンの数少ない音楽番組『POPJAM』を見たり。

 ようやくこのごろ、音楽にアンテナが伸び始めているのか、今日も、ふとテレビをつけたら   Coccoさんのライブをやってました。

 わ~~~、素敵、このひと。

 詩のひとつひとつの言葉がちゃんと聞こえてくるし、低音から、高音までちゃんとでているし。

 いままで、若いアーティストはたいしたことない、と思っていたのは、ただの勉強不足かも!!

 また、お気に入りの歌に出会えるように、どんどん新しい音楽を聴くぞ!

 あ、でも、意外や意外、こたの好みはしぶいですよん。

 チャゲ&飛鳥のランキングをみて、曲をいろいろ聴いてみて、一番好きだったのは、

 『万里の河』

 おお~~~。これって、デビュー曲じゃないでしょうか?
[PR]
by sanakopi | 2007-03-17 05:39 | Comments(2)

のんびり日曜日

 サマータイムが今年から繰り上がって、はじまった日曜日。

 私とさなは、お友達に誘ってもらって、Hidden Villaという、農場と、裏山の開放されてるみたいなところ(日本の観光農場は、お店屋さんやなんかでにぎやかですが、こちらはほとんど、個人の農場とやまに忍び込んだようなかんじ)で、のんびり遊んできました。

 こんなに近くに、いいところがあったのね!!Aさん、ありがとう。

 かの有名なヨセミテ国立公園よりも、好きでしたね。楽しみやすい規模、というか。

 はこべや、おおいぬのふぐりなど、見慣れた雑草もいっぱい。名前のわからない美しい花もあちらこちらに。また、プラムの花が、私たちにはほとんど美しい桜にみえる、ってわかりました。

 のんびりモードにはいってしまうと、夕ご飯の献立とか、浮かんでこなくなりません??

 そこで、久しぶりの外食。

 こたの練習試合の様子をあれこれ聞きだしながら、おいしくいただきました。

 さて、じつは苦手なサマータイムですが、一回ねじをゆるめたから、またきゅっと巻きなおして、まず1週間、がんばろ。。。
[PR]
by sanakopi | 2007-03-13 00:38 | Comments(1)

ダイエット

 おかげさまで、わたしは、病的な肥満はないので、ダイエットは必要ないのですが、(どちらかというと、下半身に集中しようとする贅肉をなんとか上に持ち上げたい、そのようなかんじ)なぜか、ダイエットに関する知識は、いつも更新しておきたい、という意欲があります。

 いざ、という時に備えているんでしょうか?

 もと薬剤師としての血が騒ぐのでしょうか?

 まあ、どっちにしても、新聞、雑誌のダイエット関連の記事はしっかり熟読しています。

 今朝の新聞の1面に、スタンフォードの研究グループが行った、信憑性の高そうな、実験結果が報告されていました。

 アトキンス(炭水化物を避ける)、脂肪を避ける、バランスのとれた低カロリー食、低脂肪、高炭水化物食で、運動をするという4つのグループに分けて、それぞれ80人ぐらいの女性が1年間、ダイエットに励んだそうです。

 じゃじゃじゃじゃーん、結果発表!

 アトキンスダイエットが、堂々の1位でした。

 その次が運動もするグループ。

 脂肪を避けるグループが最低でした。

 また、アトキンスダイエットで心配された、コレステロールや、血圧の上昇などはなく、健康も保たれていたそうです。

 短期で、確実に体重を落としたい場合には、とても有効だということですね。

 でも、私のように、ごはんも、パンも、麺類も大好き、という人間が長く続けようとしたら、ストレスで、病気になってしまいそう。

 どのダイエットも、だれにでも簡単にできる、というものではないようです。できれば、好きなものは、食べてもよいダイエット法を選ぶと、生活の質はたかくなるでしょうね。

 もちろん、納豆ダイエットしかり。納豆大好き、という人にとっては、多少効果に疑問があっても、ためしにしばらくやってみよう、と思えるものであったでしょう。

 だまされた!と怒ったのは、大嫌いだったのに、無理やり食べてみた人たちかな。。。。
[PR]
by sanakopi | 2007-03-08 09:08 | Comments(5)
 だんなさまが買ってきてくれた新書です。

 新書を読めるようになってきたなぁ~。やっぱり大人になってきてるんでしょうか?

 インテリジェンス、というのは、聞いたことがあるようなないような?『インテリ』といえば、知識をひけらかす人のようなかんじだし??

 ここでのインテリジェンスとは、情報、それも、各国のスパイレベルのひとたちが見つけ出し、連絡しあい、外交の舞台までもっていく、そういった質の高い情報のことです。

 第2次大戦や、冷戦時代のことであれば、なんとなく映画に描かれているような世界かな、と、想像できたりするのですが、現代の、となると、世界がこんなに小さくなり、一般人でも、欲しい情報をなんでも得ることができるような錯覚を抱いている今、情報戦がどのように行われているのか、果たしてそんなものが成立しているのか、疑問だらけでした。

 私が、この新書を読み終えても、へぇ~、といえるだけで、何の行動の原動力にもなりませんが、国を動かしている人たちは、本当に、みな、この程度は、常識としてご存知なのか、ご存じないなら、ぜひ、この本をまず読んで、それから、手嶋氏の、『ウルトラ・ダラー』もぜひ読んで欲しいです。こちらのほうは、エンターテイメントとしても、じゅうぶん楽しめましたけど。

 意欲ある、学生さんたちにも、読んでみて欲しいかな。

 あ、でも、たとえば息子に、こういった世界にはいって、国のため、働いて欲しい、などとは、露ほども思いませんでした。
[PR]
by sanakopi | 2007-03-07 07:20 | 本の話 | Comments(0)
 今日、買い物ついでに、紀伊国屋書店に立ち寄ったら、2006年度のキノベスを紹介した小冊子を見つけた。これは迷わずいただく。

 だいたい、文庫になるのを待とう、と、心に、頭の片隅に刻まれるように、タイトル、著者、紹介を熟読。5,6冊は欲しくなった。

 それから、朝日新聞のBOOKのサイトの記事で、  

 『高校生ゴンクール賞』

 なるものを知る。

 なんでも、フランスの芥川賞にあたるゴンクール賞だが、その第一次選考通過作品のなかから、高校生が、クラス単位で、読み込み、議論し、3作を選び、さらにそれを、地方大会、全国大会にて発表して、最後の3作を決定するそう。

 うらやましい!!!

 フランスの高校生になりたいと、人生ではじめて思いました。

 数え切れない出版物の鉱脈のなかから、自力で、みつけた宝石のような1冊、というのもいいのですが、やはり、ここに、金脈が、こちらには、ダイヤが、と教えてもらえれば、限られた人生のうちに、よい本をたくさん読めるでしょうね?
[PR]
by sanakopi | 2007-03-06 10:42 | 本の話 | Comments(0)

Code Red Drill

 はて?これは何でしょう?

 Drillというのは、避難訓練のことで、一番一般的なのは『Fire Drill』

 そのほかには、『Earthquake Drill』

 かっこいいもので、『○○ Has Landed』というのも。これは、生徒たちが外で遊んでいる時に、緊急事態が起こった時、もよりの室内に逃げ込むための訓練。校内放送で、校長先生が、使う言葉が『○○ has landed!』(○○のところには、ある動物の名前が入りますが、はっきり書かないほうがいいのでは、とだんなさまより指摘があったので、伏字にしました)

 さて、そこで『Code Red』ですが、これは、最新の避難訓練で、こたも今年初めてやったそうです。

 正解は、銃をもった人や、猛獣が近づいている時のための避難訓練でした。

 基本的に、生徒が各クラスに入っているときを想定して、どのように立てこもるか、身を守るか、の練習です。

 まず、担任の先生が、ドアを重い棚などでブロック、生徒も、机といすを使ってバリケードをつくり、その後ろに、ふせる。そのとき、窓から攻撃をうけない位置にいることが大切。

 そして、おおっ、と思ったのが、さなが受けた指示。

 『撃たれて動けない人を、チェックする係になっちゃった。。。』

 ???!!!

 先生の机の後ろにいつもかけてある赤い紙のボードを持っていて、クラスメートか、もしくは先生が撃たれたら、名前を書いて、犯人が立ち去ったあと、立てこもり続ける時に、ドアの下からその紙を外に出して、警察の人などに、気づいてもらうのだそうです!

 なぜ、さなが選ばれたのか??

 小柄で、いつも落ち着いているからかなあ。

 でも、なんか、勇気がいりそうな仕事。。。。

 いや、もう、絶対、そんな目にはあわないと思うんだけれども・・・そりゃあ、可能性はゼロではないけれども・・・それにしても、いざ、というときに、適切な行動ができる大人になれるのかもしれません。

 すごい訓練です。。。




 
[PR]
by sanakopi | 2007-03-05 09:14 | Comments(0)