シリコンバレーから新宿へ。引っ越しても就職してもやっぱり本ばっかり読んでる薬剤師さん?!


by sanakopi

<   2007年 01月 ( 11 )   > この月の画像一覧

 今年度の役員さんに、お友達がいた関係か、来年度の役員に推薦され、しばらく考えてみましたが、いまの自分のスケジュールと、体力のバランスを考えると、とても無理であることがはっきりしたので、今日、お断りしてきました。

 『NOというのが、苦手なの・・・』

 と、わが頼りになる英語の先生にして、カウンセラーのKに相談したところ、

 『NOは、サンドイッチで伝える、それが基本よ!!』

 まあね、それはわかるし、日本人は、たいがい、教えられなくても、マイルドに、NOを包み込んで話しますよね?それがはっきり伝わらずに、泥沼化、っていうこともあるくらいで。

 さらにKのアドバイスは、

 『自分がどうしたいか、はっきり書く。そのあと、もし、それに反して、引き受けたら、自分や、家族にどんな影響がでるか、考えて書く。ここで、ネガティブなものが多かったとしたら、決して引き受けるべきではないでしょう?』

 実際に、役員をつとめたお友達から、ポジティブな影響もあったよ、と聞いているけど。。。とか、仕事内容としては、自分の好きなことだし、やってみたいことでもあるのよ。。。とか、さらにうだうだ言っている私に対して、

 『それぞれの家族の時間の使い方や、互いの距離感がちがうでしょう!!あなたの友達にはできても、あなたに無理なら、それは無理なの!!』

 ふむ、納得。

 彼女の言うようには、自分を大事に(どうしても、わがままに思える~)は、なかなかできない私ですが、とにかく、いますでにやっているボランティアを責任を持って続けるほうが、自分にとって重要なので、はっきりお断りできたわけです。

 それでも、今回、『候補』として、ミーティングに参加させていただいたことで、補習校を支えている保護者会についての認識も、また深まったし、来年度、だんなさまの本業、副業とも、今年より楽になっているようなら、協力をあおいで、やってみてもいいな、と思ったりしました。

 とくに、1年の任期を終えようとしている役員さんたちから、いろいろな点の改善案が次々とでてくるのが、すばらしいな、というか、1年やって初めて、全体がよく見えて、軌道修正の意見がまとまってくるのでしょうね。そういう視点が多ければ多いほど、学校も、保護者会も成長していけるのでしょう。

 新年度役員のみなさんも、がんばってほしいです!
[PR]
by sanakopi | 2007-01-28 08:23 | Comments(1)

かわいいすぐれもの

 このあいだ、友達と集まった時に、7ヶ月の赤ちゃんのいるかたが、いまどきのすぐれものをいろいろ持ってきていたので、びっくり!

 『ライナスの毛布』

 ありますよね?
 あれとおんなじように、毛布(今はフリースで便利)にはまる子は多いそうなのですが、さらに、そのなかに、毛布についている『タグ』だけが特に好き、っていう子もいるらしいのです。

 そして、たった1枚、1メートル四方くらいの毛布がお気に入り、になってしまうと、そのあとの、なが~~い(かもしれない)、お世話になる期間に、親がめんどくさい!!ひきずってどろどろになっても、お昼寝の隙に洗濯したら、目が覚めて大泣き、とかね。

 そこで登場したグッズだそうですが、20センチ四方のフリースの、回り中に、かわいいりぼんの『タグ』が20個以上ついてた!!!

 同じものを3枚くらい買っとけば、いつまで続いても安心よね~~~だそうです。

 うちは、ふたりとも、そういうのがなかったので、へぇ~~~でした。
[PR]
by sanakopi | 2007-01-26 01:23 | Comments(2)

雨ニモマケズ 宮沢賢治

 今日、さなが、補習校の図書コーナーでとてもいい本をみつけてきてくれました。

 もちろん、こういうの、読んで欲しいな~~~と、目をつけてはいたのですが、押し付けてもだめっぽい雰囲気が、賢治の作品にはあると思います。自分で出会わないと。

 わたしも、子どものころ、『セロ引きのゴーシュ』や、教科書に載っていた『やまなし』あたりから自然に賢治の世界に入ることができて、『永訣の朝』まで、読んでおけたことは、心の滋養になったと思っています。

 さなも、某放送局製作の、『名作平積み大作戦』で、『風の又三郎』のなかの、

 どっどどどどうど どどうど どどう、

 ではじまる部分にはまりました。

 これがいいきっかけ。

 そして、今日は、何回も、『雨ニモマケズ』を呼んで聞かせてくれました。今週の宿題は、好きな本の音読なので、それにもこれを読むことに決定!

 私が一番共感するのは、ごはんと、みそと、お野菜を少し食べればいいってところかな?

 今日の夕飯は、粗食で決まりです。




 
[PR]
by sanakopi | 2007-01-21 10:43 | 本の話 | Comments(1)

近視のレーザー治療

 お友達の体験談を聞いて、どうも、自分には必要な気がすると、1年ほど思い続けた、近視のレーザー治療、いよいよ動き出すことにしました。

 お産のたびに、視力落ちたな~と思い、アメリカに来てからは、車の走行距離が何倍にもなって、その間、ず~っと度入りのサングラスをかけっぱなし。

 途中で一回、あわなくなって買い替え。このときに、0.3くらい、といわれていた視力。

 最近また、ドライブ中に、なんだかはっきりくっきり見えないせいで、コワくて、車線変更やめとこ、というようなことがふえ、いよいよ年代モノの、うちの小さなテレビの画面が、いっつもぼんやり。表情もはっきりしないくらいになってしまった。

 ああ、めがねなしですっきり見たい!

 今のフレームは、なんとか長いことかけてても平気になったけど、やっぱりめがねは苦手。

 もちろん、50万近く、費用がかかるので、やっちゃえ!と簡単にはいきませんが、まずは、フリーのコンサルティングにいってきます。スケジュールの合間を縫って31日に。

 もしかしたら、年々ひどくなる目の疲れ、まぶしさも軽くなって、ついでに、偏頭痛にもいい影響を及ぼしてくれないかと、過度の期待もあったりして。。。
[PR]
by sanakopi | 2007-01-20 04:47 | Comments(2)
 こたのために貸してくださった、T子さん、ありがとう!

 私が先に読んでしまいました~~。

 本当に、あさのさんって、女性なのかなあ?と思うんですよ。『バッテリー』のときも、どの子もかっこよくってかっこよくって、ストーリーそっちのけで、しびれてましたけど、この、ちょっと色物っぽい短めのお話でも、男の子たちのかっこよさは秀逸でした!

 6年生の男の子に、霊の感能力があったって、そんなの全部飲み込んで、ありえない話にしない。ああ、こんなことも起こるかもな、って自然に思えるんですよ。

 さらに言えば、『これっくらい、かっこいい男になれよ、こた。』

 言わないほうが、母親としてかっこいいか・・・




 
 
[PR]
by sanakopi | 2007-01-19 10:48 | 本の話 | Comments(1)
 さなが、このタイトル、読めたので、拍手~~

 そんなことはどうでもいいんだった。。。この、印象的なタイトルの本、前から、書評なんかで読んで、興味はあったものの、購入して読む本でもないか、と思っていたところ、O氏のガレージ図書館で、発見!!

 難しそうだったけど、とりあえず借りてみました。

 いろいろな部分の脳の損傷を受けた患者さんを、それぞれ、ひとりの人間の物語として描いた連作短編集でした。

 実はまだ、3分の一ほど読み残していますが、一気読みするような本でもないので、じっくりと。

 でも、新鮮な感動があるうちに、ちょっと書いておこうか、と思ったのです。

 本当に、人間の脳とは、不思議な臓器ですね・・・ここに、自分の手がある、このことすら、脳がつかさどっていて初めて、自然に感じることができる感覚なのです。

 記憶なんて、いわんやおや、です。いつからいつまでの記憶はこのあたり、そんな風にしまわれ、取り出されている記憶たち。どの記憶ならなくしてもいいかな?なくしてもいい記憶なんてないんですね。記憶が、今の自分を形作っているのですから・・・

 こたが、もやもや病だとわかった時、脳の地図はかなり詳しく勉強しなおしました。こんな後遺症も有り得たんだ、こういう症状は要注意だな・・・などと、たくさん考えました。

 いろんな不自由を感じて生きている人たちがたくさんいる、そのことに思い至るためにも、『想像力』、人間の持ちうる最高の能力のひとつが大いに必要なのです。
[PR]
by sanakopi | 2007-01-10 10:24 | 本の話 | Comments(2)

七草粥、おたんこナース

 七草は、今年も入手できなかったので、大根とかぶの葉のおかゆにしました。

 別に難しくないし、自分は好きなのに、ほぼ、年に一回、この日にしかおかゆを炊かないのは・・・やはり、だんなさまも別にすきじゃない、子供たちは一回おなかいっぱいにしても、すぐに『おなかすいた~~~~』になってしまうので邪魔臭い、といった理由かな。

 今日読んでいた『おたんこナース』文庫版で、入院中のおかあさんをかこんで、3人の息子と、父親が、だれがいちばん母を思っているか、競争しているかのような状況で、おかあさんが、
『わたしが、死ぬ前に一番食べたいものを持ってきて、といったら、何を持ってきてくれる?』
というみんなを試すような質問を投げかける。でも、だれもおかあさんの大好物、わからないんです!!

 家族でよく食べたもの・・・を思い出すと、だいたい自分たちの好物ばかり。

 最後に答えた父親さえ、答えははずれ、ほかのみんなの好物だった西瓜。でも、『そう、西瓜なのよ』と笑顔になるおかあさん。

 う~~む、母親はかくあるべきですか??

 自分の好きなものの時は、とりあってたべている私は、できの悪い母親かな。。。




 
[PR]
by sanakopi | 2007-01-09 10:43 | Comments(1)
 昨日のストーリータイムにときに、スタッフから、中国語のお話を11時からに遅らせるので、日本語のお話も、終わった後、ゆっくり情報交換したりする時間をとってもいいし、少し、開始時間をおくらせてもいいわよ、という相談がありました。

 たしかに、終わった後急いで片付けて、場所を空けなければ、というプレッシャーがなくなるのはいいですね。

 独断ですが、10分おくらせて、10時15分開始にしようかな、と思っています。

 変更は2月からの予定です。
[PR]
by sanakopi | 2007-01-07 10:26 | Comments(0)
 今年も、本館 Dr. Martin Luther King Jr. Libraryと、Calabazas Branch Libraryでの日本語のおはなし会をつづけていきます。

 King Libraryでは、毎月 第一火曜日 午前10時30分~11時

 Calabazas Branchでは、毎週金曜日 午前10時05分~30分

 どちらも、とくに対象年齢は設けていませんが、現在、よく来てくれる子供たちに合わせて、Kingのほうは、1.2歳むけ、Calabazasは、2,3歳むけの本を使うようにしています。

 今年のスタートは、Kingのほうが要注意で、1週遅れの第二火曜日 1月9日です。
Calabazasは、今週金曜日からはじめます。

 今年もみんなで楽しい会にしていきましょうね!!
[PR]
by sanakopi | 2007-01-04 05:44 | Comments(0)

新しい年を迎えて。

 一つ前のエントリー、タイトルと中身が不一致でした、失礼いたしました・・・

 ちょっと総括するつもりが、おいしかったお話で終わってしまいました(笑)

 さなも、がんたん、がんじつ、という二つのお正月のボキャブラリーを増やし、みんなで、今年の目標を考えて表明したり、書初めに興じたり、楽しい1年のスタートになりました。

 今年は、いくつか、おせちらしいお料理を作って、あとは、大晦日の釣果待ちだったのですが、おかげさまで、おいしいイシモチの大漁で、今回は、お刺身のほかに、昆布じめ、塩焼きにも挑戦してみました。大晦日に、海老天のついでに試したてんぷらはなぜか不評でしたが、昆布じめは絶品、塩焼きも上品で、みんな骨がばらばらになるくらいに平らげました。(食べるのがへたくそ、というのもあるかも。。)

 あれ、またおいしかったお話になってしまいそう・・

 と、いうわけで、これからもおいしいものを食べて生きたいですが、そのためには、何と言っても健康第一。胃の不調のほうは、アドビルを飲まないようにして、あとは食事できっとコントロールできるはずだし、偏頭痛のほうも、なんとか、もうちょっと減らしたい・・・

 多分、歩くことが、もっともっと必要なのだと思っています。思索を深めるにも、歩くことが大切らしいですし。いつか、お遍路さんにいってみたいので、準備しておかなくては。

 今年の目標は、健康、です。
[PR]
by sanakopi | 2007-01-03 01:31 | Comments(0)