シリコンバレーから新宿へ。引っ越しても就職してもやっぱり本ばっかり読んでる薬剤師さん?!


by sanakopi

<   2005年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧

待っている本

 久しぶりに、日本のアマゾンで本を注文。

 私の本の買い方は、まず、子供優先。もちろん買った後は、自分も読んで楽しめる物がマル。つぎに、自分の好みがきっとみんなとずれているので、待っていても読めそうにない本。これは、私の場合、栗本薫さんの、グインサーガシリーズ。25年くらいにわたり、もう、120冊くらいでているので、聞いたことある、って言う人はいるかもしれませんが、海外赴任してきているご家族の誰かが読んでいる、という確率の低いと思われる本です、ハイ。

 つまり、すごく売れ筋の本、じつは、すっごく読んでみたい本、というのは、滅多に自分で買わないわけです。人気作家のみなさま、ごめんなさい。売り上げに貢献してないけど、ファンです。

 今回は、こたのために、「おおきく振りかぶって」第5巻、パスワードシリーズ、さなのために、しずくちゃんの5巻、自分用には、グインサーガの新しいところ、2冊か3冊。

 そんななかで、きらりとひかる(ハズ)の一冊、「あなたが花になる美しい日本語」

 どうでしょう、光ってる?

 ことばだけでも、美人になれないかな~~

 もう一冊、「ファンタージエン 秘密の図書館」

 これは、エンデの、「はてしない物語」の続編として書かれたということで、はてしない物語を、とても大切に思っている私にとっては、期待と不安一杯で、待っている本です。

 クリスマスは、ネットでのショッピングで済ませる人が激増しているということなので、その波に飲まれる前に、オーダーしておいてよかったかも。

 1日も早く、とどきますように。
[PR]
by sanakopi | 2005-11-30 07:12 | 本の話 | Comments(4)

サンクスギビング

 遅ればせながら、みなさんに、いつも、読んでくださってありがとう、と、感謝の言葉を贈ります。

 サンクスギビングは、収穫に対する感謝とともに、同胞に対する感謝もこめられた日です。

 今は、とにかく何でもいいから、あっちにも、こっちにもありがとうの日。わかりやすくていい日です。

 今年も、お友達家族と一緒に、祝うことができました。

 一夜明けると、アフターサンクスギビングセールで、これまた忙しい人は大変忙しい、年に一度の日です。

 我が家は、消費に興味がないので、こたの野球の練習を。

 そして今日は、待ちに待った、ハリーポッターの新作映画を観てきました。日米同時公開ですか?もちろん、のどから手が出るほど、字幕が欲しいのは相変わらずですが、日本語版の本で、予習をしっかりしていったおかげで、ばっちり楽しめました。

 アメリカでは、前2作が、年齢制限なしだったのに、今回は、13歳以下は、保護者同伴で、と言う条件がつきました。確かに、本の方には、そういう制限をつけなくていいのかしら、と心配になるくらい、恐ろしい描写が多かったし、精神的な成長著しい主人公たちの気持ちが、小さい子たちにわかるのかな・・・とかね。

 でも、今日も、小さい子連れの家族も多かったな・・・
[PR]
by sanakopi | 2005-11-27 10:16 | Comments(1)

さなのピアノレッスン

 結局、さなは、ピアノを続けることにしました。

 11月4日が、グループでの最後のコンサートで、その前に、グループのお母さんたちみんなが、今後のことを考えて、先生に相談しました。

 さなの場合は、音楽はとても好きなようだけど、頑固な時期に入っていて、ただ命令しても練習しないことが問題。楽しくできるかどうか、が大事だと思われました。それから、どんな曲なら楽しんで、弾けるかな、と。今までのテキストの中で好きだった曲を思い出すと、面白い歌詞がついていて、一緒に歌いながら弾ける曲、それからもちろん、自分の知っている曲。

 いろんなことを先生と一緒に考えて、さなが楽しんでできるレッスンを組み立ててもらうことになりました。

 そして、カレンダーが、ちょうどよく、隔週に休みをはさみながら、始められたのもよかったかもしれません。うるさくせっつかずにすむので・・・

 いまのところ、調子よく、毎日練習しています。とことん、本人の希望をきいてくださった先生には、大感謝です。
 
 おまけもついてきて、こたも、最近お気に入りのクリスマスソングを、ピアノで自己練、がんばっています。

 おたがい、相手の邪魔をするのは、やめようね・・・・
[PR]
by sanakopi | 2005-11-23 06:58 | Comments(1)

角田 光代さん!!

 いわずとしれた、芥川賞作家ですけれども、最近売れている本の中でも、同世代性を強く感じる作品が多いです。

 確か、同年代で、独身でいらしたと思うんですが、細かな日常の描写が、とてもしっくりくるし、いつも、もやもやしていて、はっきりとしなかった感情のいくつかが、すっきりとした言葉で表現されていて、あ、そうだったんだ、と、腑に落ちるんです。

 これからは、作家買い、ならぬ、作家読みで、手にとっていく作家さんです。

 そうそう、BOOKアサヒコムで、書評も書いていらっしゃるんだけど、それもいつも参考にしています。
[PR]
by sanakopi | 2005-11-22 01:38 | 本の話 | Comments(1)

手術から1年

 昨日、最初の手術からちょうど1年のお祝いをしました。

 手術の前日はいったい何を食べたっけ?きっと、こたの大好物だったはずなのに、誰も覚えていませんでした。そんな話で盛り上がりながら、だんなさまが握ってくれたお寿司をぱくぱく食べてしまう子供たち。もうお寿司って、食べに行かなくていいよね~~、ウチの方がおいしいよね~~、と、ご満悦。

 今日は、アーチェリーをすこしやって、山の中のピクニックサイトで、トン汁と、おにぎりで純和風ピクニック。

 自由に延びた大木のえだが、まるで、もやもや病の、もやもや血管のようで、みんなで、
「あの木ももやもや病だ!!手術しないと!!」と大騒ぎ。

 こんなふうに、大騒ぎできるようになったなんて、私たち、ちょっと、ウツワが大きくなったでしょうか?

 そして、ちょうど2,3日まえに、スタンフォードの主治医のところから、新しくつくられた、もやもや病の紹介パンフレットと、ストロークセンターの紹介DVDが届いたところでした。

 私たち家族も、みんなで撮った集合写真で参加しているし、こたは、患者さんの笑顔を集めた裏表紙に大きな写真で載っています。

 このパンフレットは、今後、学校が変わる時、新しいスポーツを始める時などにも、きっと、役に立ってくれると思います。

 私たちともやもや病、いいお付き合いに、なってきていると思います。
[PR]
by sanakopi | 2005-11-14 07:02 | もやもや病/肺高血圧関連 | Comments(3)

本日いろいろ

 今日は、さなの日本語補習校で、授業参観がありました。

 朝一で、サッカーの試合、今日は実力伯仲の対戦で、惜敗でしたが、一番疲れるパターン。

 それをこなした後、2時間目の授業から参加。本来の参観の時間は、午後の1時間なんだけど、一日中、オープンに授業をみてもいいって、お便りに書いてあったので、せっかくの機会だから、2時間目、3時間目とクラスでのんびりみていました。

 でもまあ、授業って、ずっと座ってるだけでも疲れるものだったよなあ~~と、つくづく思い出しました。みんなが、軟体動物のように、いすの背中でぐにゃぐにゃしているのも仕方ないかも。実際、みんなぐにゃぐにゃしてたなあ~~。

 それでも、さなのクラスは、それぞれ個性的な子供たちで、無気力な子がいないので、いいかんじでした。担任の先生が、エネルギーを分けてくれているのかな。

 私もすっかり先生のファンになりました。ポカン?とした子も、そんなの簡単すぎ!!と、冷めた子も、ぐいぐい引っ張っていくのはお見事でした。

 やっぱり、子供の前に立つ時、照れたり、かっこつけたりしてると、すぐ、見破られるからな・・

 すっごく、勉強になりました。

 わたしも、もっと、自分を捨てて、子供たちに向かっていくぞ!!と。

 さて、これから、家族ぐるみで仲良くしていたお友達家族と、ほんとに、最後の晩餐です。

 さなも、こたも、貴重な時間を大事に遊んでいるようです。

 のんびり、パソコンに向かってる場合じゃないはずなんだけど・・・料理は、だんなさまも、気合を入れて準備しているので、乞うご期待、ということで。
[PR]
by sanakopi | 2005-11-06 11:05 | Comments(1)

おはなし会

 秋は、イベントが目白押し。おはなし会をしている図書館でも、ハロウィーンの前には、かぼちゃや、くも、くもの巣、ハロウィーンカラーのオレンジと黒で館内をデコレーション。もちろん、関連本のコーナーもつくられます。ハロウィーンが終わったと思ったら、サンクスギビングの飾りつけをして、サンクスギビング、ハヌーカ(ユダヤ教のお祭り)、クリスマスをテーマにした絵本が、たっぷり並べられていました。

 そうなってくると、おはなしの時間にも、なんとか季節感をだしたくて。

 でも、日本語の絵本には、アメリカのイベントをきちんと描いた物は少ないようで、手に入らない。クリスマスだけは、例外で、いろいろあります。さすが、日本にも根付いていますね。

 英語の本でも、ポップアップのものを選んだり、内容は、簡単に日本語で話したりして、イベントの本を取り入れるようにしてみました。

 今は、クリスマスのおはなし会にむけて、本を選んでいるところです。クリスマスソングは、ぜひ、英語の物にもなじんで欲しいな、と思って、いくつか歌ってみよう・・・発音の正確さとか、気にはなるんですが、気にしだすと歌えないから、ま、ご愛嬌ってところで行きたいと思います。

 同じ歌を、英語と日本語の両方で歌ってあげられるといいんだけど・・・・

 「きよしこのよる」くらいかなあ・・・・
[PR]
by sanakopi | 2005-11-05 06:21 | 本の話 | Comments(1)