シリコンバレーから新宿へ。引っ越しても就職してもやっぱり本ばっかり読んでる薬剤師さん?!


by sanakopi

<   2005年 04月 ( 10 )   > この月の画像一覧

旅の話、サクラメント

 初日に訪れた、サクラメントの印象なぞ。

 サクラメントは、カリフォルニア州の、州都です。州知事がお仕事している街です。さすがに、州庁舎は大変立派で、何枚も、みんなでかわるがわる収まって、写真をとりました。

 でも、そこを除くとまあ、のんびりした田舎町で、みどりもたくさん。街中を、ゆったりと川が流れているので、ちょっと仙台を思い出すような風情でした。

 もうひとつの見所として、ほぼ、アミューズメントパークのような感じで整備されたという、オールドサクラメント地区。西部劇に出てくるような町並みに、馬車での観光。
 そして、なぜかたくさんあった、あやしげな刺青(タトゥー)のお店。一階には、名前だけが書いてあって、地下に降りるようにとの矢印。あやしい~~~。あやしさを証明するように、タトゥーをした、おじさんライダーたちがたくさんたむろっていた!!
 むかし、荒くれモノは、馬に乗ったけど、今は、ハーレーに乗るのね。きちんと、筋トレをして、皮のジャケットかベストで。

 なんだか、おもしろかったです。両親には、エンジン音がうるさいわねえ~~と、不評。

 最後に、鉄道博物館。入り口で、こんなに入場料とられるの~~?!と思った自分を反省したくらい、見ごたえのある博物館でした。蒸気機関車全盛時代の、客車、食堂車、寝台車の再現したものに入ることができました。食堂車で使われていた食器類の美しいこと!!

 サクラメントは、ご縁があるなら、住んでもいいかも、という街でした。
[PR]
by sanakopi | 2005-04-30 05:27 | Comments(1)

こた、すごいぞ!

 旅行報告も途中ですが、ちょっとひとつ、親ばかばなしを。

 1週間の春休み開けの月曜日、私は、さなのクラスの遠足の付き添いのお手伝い(親のボランティアを数人、募るんです)のために、一緒に学校に行って、クラスで、注意事項などの説明を一緒に聞いていました。

 すると、校内放送がはいって、校長先生が、なぜか、こたを紹介し、その後、こたの声が流れてきました。さなの担任の先生も、「あら、弘太郎ね?!」といって、みんなに注意を促してくれ、私も一生懸命聞いたんだけど、、なにせ、発音が流暢過ぎて、ちっともわかりませんでした・・

 さなも、わかんなかったらしく、ちょっとほっとしましたが、後でこたには、え~~~っ、わかんなかったの!!!!と、落胆されてしまいました。

 尊敬、ということについての作文が良くかけていたので、披露したのだそうです。全校で数人目で、クラスでは、ダントツよくできる女の子についで、二人目だというので、よくやった!!というかんじでした。自信のオーラが、すこし濃くなったかも。
[PR]
by sanakopi | 2005-04-28 09:57 | Comments(3)

とにかく、大きい・・・

 帰ってからも、私のお話会、さなの補習校、そして、おばあちゃんのおみやげ選びの放浪と、連日、飛び回っていました。

 さて、旅行の感想といえば、一言で言うと、なんでも大きい、につきます。

 海は、さすがに、つながっているだけあって、アメリカから見たらすごく大きい、なんてことにはなりませんが、山と川になると、これは、すごい。山というより、岩がすごかったです。

 義母いわく、「東尋坊を下から見てるみたいな感じかしら・・・」

 岩の壁の立ちはだかり方といったら、う~~ん、神々しいっていうのかな。

 そして、その岩を伝って流れ落ちる、大小の滝。まだ、生まれたての細い滝もよかったし、滝つぼにいくには、傘がいるわよ~、といわれた、豪快な滝も。

 私は、渓流の大好きなんですけど、それも、奥入瀬の10倍くらいの広さで、でも、風情はしっかり渓流なんです。

 そんなところに生えている木はまた、見上げるとひっくり返りそうな高さ。

 第一報はこんなところでした。
[PR]
by sanakopi | 2005-04-25 05:26 | Comments(1)

無事、帰宅。

 まずまずのお天気、そして、はずれがなかった宿選び、とにかく、無事全行程を終了できました。よかったよかった。

 とにかく、子供たちの体調管理が、一番気になったところで、こたはもちろんのこと、さなも、このごろドライブには弱くて、気持ちが悪い、を連発されると、こちらも過剰に心配になってしまうし・・・。こたもよく、ドライブで頭が痛いといっては吐いたりしていたから。

 そんなことはないだろう・・・とも思いつつ、でも、もしかして同じ病気だったら、とか、つい考えてしまうのです。ただ。心配するだけの心配は何の役にも立たないことは、ここまでの子育てでよ~~くわかっているはずなのに。

 な~~んて、暗い話からはいってしまいましたが、旅行はほんとうに、気持ちの良い、さわやかな驚き一杯の毎日でしたよ。

 報告は追ってゆっくり。
[PR]
by sanakopi | 2005-04-24 06:48 | Comments(2)

ペンション経営??

 だんなさまの両親がいらしてから、4日たち、いつもぐうたらな私は、だんなさまに、ペンションやってるみたいだねえ~~、といわれるくらい、まじめに家事に取り組んでいます!!

 ぜんぜん、いばれることではありません、あしからず。

 いつものレベルが低すぎるから、慌てふためくわけで。

 世の母たちは、みんなこんなにやっているんだわ~~と、改めて感心してみたりして。とくに、お仕事を持ちながら、家事もこなし、子供たちとも遊んだりするなんて、とても体がもちそうにありません。

 さて、明日からは、待ちに待ったひさしぶりの旅行。荷造り終われば、あとは楽しむ体力が残っているかの問題・・・・。
[PR]
by sanakopi | 2005-04-17 02:26 | Comments(1)
 小学校中学年から読める児童書ですが、なんとも奥深い味わいがあります。

 タイトルの二人(二匹)は、猫なのですが、尊敬すべき人柄なのです。ルドルフは離れ離れになった元飼い主を、したいつつ、野良猫社会へ堂々と入っていく、知性たっぷりの黒猫。いっぽうのイッパイアッテナは、これはルドルフの勘違いからついた呼び名で、まあ、名前がいっぱいあるので、どれを名乗ったものかな・・・というかんじの返答なわけです。彼は、人が忘れかけている義理や人情や、仁のこころを持ったとらねこなのです。

 いま、シリーズは3巻目まで書かれていますが、40になっても、50になっても、新刊が楽しみなシリーズです。
[PR]
by sanakopi | 2005-04-15 09:44 | 本の話 | Comments(3)

春は眠い・・

 なんだか、毎日眠くて困っています。

 それなのに、早寝しようとベッドに入ると目がさえてきたり、あちこちかゆくなってきたり、明け方には、なかなか抜けないさなの咳で目が覚めたり。

 上手に睡眠とれてないな~~~

 こういう時の奥の手が、まだ、体得できてません。まだまだですな・・

 今日は、これから、だんなさまの両親が日本から来てくれるので、おお、もうすこし掃除をがんばらねば・・・そして、一緒に、ヨセミテや、サクラメントへ遊びに行くので楽しみです。子供達はまず、山のような・・・かもしれない、おみやげを楽しみにしながら学校に行きました。

 ちょっと、気合をいれよう!!
[PR]
by sanakopi | 2005-04-14 00:32 | Comments(1)

さなの入学式!

 日本でも、入学式たけなわ、お花見も、というこの季節に、日本語補習校サンノゼ校の入学式も、きちんと、おこなわれました。

 きちんとって?

 補習校は、土曜日だけだし、学費もはらっているし、そんな、公立小学校っぽさにこだわることもないのでしょうが、やっぱり、この入学式っていうのも、ひとつの文化だからかしらね。

 新入生は並んで行進して入場、そして、教頭は開式の辞、校長や、来賓のお話もありました。さすがに、今ももんだいの、君が代はなかったですけど。

 さあ、これから、またちょっと忙しくなるってことですね。楽しんでくれるといいな。
[PR]
by sanakopi | 2005-04-11 01:04 | Comments(1)

あしたのロボット

 大学の同級生だったけど、もっと、お話しておけばよかったわ・・・な、瀬名秀明さんの近未来小説。生物系だったけど、ロボットも好きだったんですね。

 先を見通す目があるなあ、と、1作目のときから感じていましたが、フィールドを変えても、その目は生きていました。迷わず、だんなさまにも勧めましたね。

 なんとか、PCをあたりまえのように使いこなすようになったけど、ロボットがそばにいる生活は、まだまだイメージできない、旧時代な私。でも、きっと、わたしの孫たちは、瀬名さんが描き出してくれたような世界に生きるんだろうな・・・そう思えました。

 どんな状態が生きていることで、命ってどこにある?それを突き詰めると、不思議な気分になれますね。
[PR]
by sanakopi | 2005-04-06 06:21 | 本の話 | Comments(1)
 アースクエイクス、ってなんだ??

 ですよね~~。これは、アメリカのメジャーリーグサッカーのチームで、サンノゼという、うちの隣町がホームなんです。

 これまた余談ですけど、去年のキムタクのドラマ、「プライド」で、はるくんが入った、NHLというホッケーのリーグ、今年は、労使交渉が決裂して、ナシ!!になってしまってます。
うっそ~、と思いました。スポーツマンが、金の亡者みたいで~~~

 さて、本題に戻ると、昨日の夜、アースクエイクスの開幕戦の応援に行ってきました。真冬の装備で寒さに備えていきましたが、チャンスのたびに、みんな立ち上がるので、まあ、凍ってしまうほどではありませんでした。

 日本代表と同じ、きれいなブルーがチームカラーなので、なんだか、応援しやすいな・・・

 しっかし、試合の内容は、もっと練習せねば、がんばれ、アースクエイクス、でした。
スター選手を、ドイツリーグに送り出した後なので、補充した選手がなじんでないとか、あるだろうけど、がんばるしかないでしょ!

 こたのリーグでも、プロサッカーでも、耐えて、温かく見守るのだ!!!
[PR]
by sanakopi | 2005-04-04 02:40 | Comments(1)