シリコンバレーから新宿へ。引っ越しても就職してもやっぱり本ばっかり読んでる薬剤師さん?!


by sanakopi

女性の品格、親の品格

 実家の母がクリスマスプレゼントに送ってくれました。

 というのも、著者の坂東眞理子さん、母と私の同窓生なんです。

 このあいだ、NHKのトーク番組に出ていらっしゃるのを偶然みることができ、ときどき、なつかしい富山弁のアクセントもまざる、飾り気のないおはなしに、とても好感を持っていました。

 どちらの本も、とても読みやすく、語りかけてもらっているようで、心地よく読めました。

 国家の品格の藤原さんも、ご本人がとても品格をもった個人でいらっしゃるからこそ、もっと大きなものに言及することができたのでしょう。同様に、坂東さんも、すばらしい品性の持ち主であることは、まちがいないでしょう。

 なかなかすべてを実行に移すことはできませんが、時々手にとってながめ、自分が大きく道を外れていないか、確認できる良書として、大切にします。
[PR]
by sanakopi | 2007-12-28 10:13 | 本の話 | Comments(0)