シリコンバレーから新宿へ。引っ越しても就職してもやっぱり本ばっかり読んでる薬剤師さん?!


by sanakopi

おはなし会活動のネットワーク

 昨日は、ひとつのすてきな集まりが産声をあげました。

 名づけて「ぽぽんたの会」

 名前の由来は、川崎 洋さんの詩です。日本語の音の響きの楽しさが味わえるとてもいい言葉です。

 この集まりは、日本語によるおはなし会活動をベイエリアにもっと広めるため、活動に携わる人たちのやる気を集めて、月に一回の勉強会をとおして、スキルアップもはかっていこう、という目的で発足しました。

 中心になってくださるMさんは、ニューヨークで長く活動をされてこられたベテランで、資料や作品(パネルシアター、紙芝居、人形劇など)もたくさんお持ちです。それを、惜しむことなく共有していきましょう、とおっしゃっていただいているので、こんなにうれしいことはありません。

 日本でのさまざまなおはなしや、絵本に関するワークショップなどを、うらやましくて残念だと思っていましたが、いよいよ、この会の実現で、願いがかないそうです。

 まずは小さく初めて、軌道に乗ってきたら、あんなことも、こんなことも、と夢は広がります。

 新しい年は、もっと楽しくなりそうです。
[PR]
Commented by peanut-street at 2007-12-20 08:40
 おーい たぽんぽ ぽぽんた ぽんたぽ ぽたぽん
なかなか暗記できなくて、ごちゃついていた我が子(^^ゞ

枠にとらわれない楽しいことが、たくさんできるといいですね。

         


Commented by sanakopi at 2007-12-21 01:51
そうなの。
提供したいただいたミーティングの場所が、「たんぽぽ」という幼稚園でね、その園長先生の提案です、

「たんぽぽの、ぽぽんたです!」
っていうかんじで。

尊敬できるひとたちと何かを作り上げていけるってすばらしいです。

by sanakopi | 2007-12-15 08:53 | 本の話 | Comments(2)