シリコンバレーから新宿へ。引っ越しても就職してもやっぱり本ばっかり読んでる薬剤師さん?!


by sanakopi

図書館の神様 瀬尾まいこ

 図書館オタクのわたしとしては見逃せないタイトルでした。

 どんな図書館かというと、高校の図書室。

 そこで、顧問の女性講師と、たった一人の部員で、部長の三年生男子が一対一で、1年間「文芸部」の活動をしていくあいだの物語です。

 ふたりとも「もと運動部員」で、ちょっとした心の傷のせいで、もうもどれない。

 一番好きだったシーンは、二人が図書館の棚を大整理しながら、すっきり、すっきりしていくところです。

 かつて、どこの図書館も採用していた、しかめつらしい分類をやめて、教科ごとの棚に。

 わたしも、本の並んだ棚をいじるのは大好き。癒しの効果も確かにあると思います。

 ほっとするラストもよかったです。
[PR]
Commented by dear-xoxo at 2007-12-05 04:27
どもですー。
図書館と言えば、LAのダウンタウンにある図書館に先日から通ってます。(と言っても、息子のプロジェクトの資料集めのために、仕方なく最初は出かけたんですが。。)
ところが、すごーくでっかくて、めちゃめちゃキレイで、感動したんですよ。
で、インターナショナル、っていうコーナーがあって、もちろん日本語もあり、あのどでかい図書館からすれば鼻くそみたいな数、、ですが(ん?きたない?)、でも、ここはアメリカなのに、と思えば、十分たくさん本がありました。
で、家族それぞれ色々借り、読んでいるところです。
図書館は、いいですよね。本をいじっているのは、楽しいです。
Commented by sanakopi at 2007-12-05 06:29
うわ~~~、うらやましい!!
LAの図書館情報、ありがとう。
古本屋さんツアーだけじゃなくって、図書館にも行きたくなってしまいました。

地元でも、3枚カードを持っていて、あっちこっちの図書館に潜入しています。大きい図書館も、小さい図書館もそれぞれに味があっていいんですよ~~。

次回は、図書館で待ち合わせしますか?!
by sanakopi | 2007-12-04 12:37 | 本の話 | Comments(2)