シリコンバレーから新宿へ。引っ越しても就職してもやっぱり本ばっかり読んでる薬剤師さん?!


by sanakopi

ハリーポッター最新刊

 ひまを見つけては読んでいたら、あれよあれよというまに、最後の章になってしまって、名残惜しいので、すこし、長めに休みをいれているところです。

 「英語で読んだ!!」

っていうと、すごいみたいですが、全然語彙の少ない私にとっては、ページの半分がはっきり意味のわかんない言葉、ということすらあるくらいで、それで、「読んだ」といっていいのかい?!な状態です。

 しかし、とにかくページをめくるのです。

 辞書のページをめくるのではなく、そのおはなしのページをめくっていくのです。

 めくらせる力がその本から感じられる限り、その本は、読める。

 とか、いばってないで、たまには辞書も引いたりすれば語彙が増えるでしょうにね~~~
 あまりにも、物語を愛しすぎてて、勉強に使えないのです。
 
 もしかしたら、大好きなスティーブン・キングの「ダークタワー」のシリーズも、「めくらせる力」だけで読めるかしら。。。英語で。。。。でも大人向きだから、ハードル高いでしょうか。。。。
[PR]
Commented by sananene at 2007-09-09 09:11
がんばれ~!後もう少しだよ!
Commented by dear-xoxo at 2007-09-13 11:23
ども。
そういや、大好きなアガサ・クリスティを原文で、読めるはずないので「ルビ付き」っていうのが、例の古本屋で売られてるのを見つけて読み始めました。。挫折を繰り返し、まだ途中....
けど、翻訳者はこうして読むと「自分」になるわけで、かなり新鮮な気分です。ちなみにその本は、オリエント急行殺人事件。もちろん日本語訳の本も読んだんですが、原文で感じると、何だか違った小説に思われます。不思議です〜。
Commented by sanakopi at 2007-09-14 07:49
そうか、翻訳者は自分、ね。
そのルビって興味あります。う~~ん、むずかしい単語に日本語の意味が書いてある?

オリエント急行、よかったですね、そういえば。もう細かい所は全然覚えてないけど、よかった、というのだけ。
エラリー・クイーンのYの悲劇も好きだった。
確かに、ちょっと原文で読んでみたいです。
by sanakopi | 2007-09-09 08:40 | 本の話 | Comments(3)