シリコンバレーから新宿へ。引っ越しても就職してもやっぱり本ばっかり読んでる薬剤師さん?!


by sanakopi

日本語補習校、入学式

 昨日は、さなが通う日本語補習校の、始業式と、入学式でした。

 おはなし会では、3年前から、入学式のあとの、写真撮影で、ずっと待たなければいけない新1年生に、絵本を聞いてもらってきました。

 今年も、有志をつのって、がんばりました。

 がやがやしたなかで、10人ほどのグループに、集中して聞いてもらうには、いろんな工夫が必要なようです。

 私は、みんなの顔を時々みるようにしたり、いつもの読み方よりも、すこしおおげさに、できるところは声色も使うようにします。

 それでも、私は、おはなしに忠実に、というか、あまり、質問しながら読んだり、途中で子どもの意見を聞いたりはしません。いつも、もっと大勢にたいして読んでいるので、ちょっと潔癖になりすぎているのかもしれません。

 ほんの数十分のあいだに、グループの子どもたちのこころをしっかりつかんで、大笑いさせていたメンバーに感心しつつ、もっとフレキシブルでなければな、と反省しました。

 1冊の本を、共有して、時間も共有して、お互いに楽しまなきゃ。
[PR]
by sanakopi | 2007-04-09 05:20 | 本の話 | Comments(0)