シリコンバレーから新宿へ。引っ越しても就職してもやっぱり本ばっかり読んでる薬剤師さん?!


by sanakopi

日本語補習校の保護者会役員

 今年度の役員さんに、お友達がいた関係か、来年度の役員に推薦され、しばらく考えてみましたが、いまの自分のスケジュールと、体力のバランスを考えると、とても無理であることがはっきりしたので、今日、お断りしてきました。

 『NOというのが、苦手なの・・・』

 と、わが頼りになる英語の先生にして、カウンセラーのKに相談したところ、

 『NOは、サンドイッチで伝える、それが基本よ!!』

 まあね、それはわかるし、日本人は、たいがい、教えられなくても、マイルドに、NOを包み込んで話しますよね?それがはっきり伝わらずに、泥沼化、っていうこともあるくらいで。

 さらにKのアドバイスは、

 『自分がどうしたいか、はっきり書く。そのあと、もし、それに反して、引き受けたら、自分や、家族にどんな影響がでるか、考えて書く。ここで、ネガティブなものが多かったとしたら、決して引き受けるべきではないでしょう?』

 実際に、役員をつとめたお友達から、ポジティブな影響もあったよ、と聞いているけど。。。とか、仕事内容としては、自分の好きなことだし、やってみたいことでもあるのよ。。。とか、さらにうだうだ言っている私に対して、

 『それぞれの家族の時間の使い方や、互いの距離感がちがうでしょう!!あなたの友達にはできても、あなたに無理なら、それは無理なの!!』

 ふむ、納得。

 彼女の言うようには、自分を大事に(どうしても、わがままに思える~)は、なかなかできない私ですが、とにかく、いますでにやっているボランティアを責任を持って続けるほうが、自分にとって重要なので、はっきりお断りできたわけです。

 それでも、今回、『候補』として、ミーティングに参加させていただいたことで、補習校を支えている保護者会についての認識も、また深まったし、来年度、だんなさまの本業、副業とも、今年より楽になっているようなら、協力をあおいで、やってみてもいいな、と思ったりしました。

 とくに、1年の任期を終えようとしている役員さんたちから、いろいろな点の改善案が次々とでてくるのが、すばらしいな、というか、1年やって初めて、全体がよく見えて、軌道修正の意見がまとまってくるのでしょうね。そういう視点が多ければ多いほど、学校も、保護者会も成長していけるのでしょう。

 新年度役員のみなさんも、がんばってほしいです!
[PR]
Commented by 高野支店 at 2007-01-28 14:56 x
いやあ、カウンセラーの方に相談されるまで悩ませてしまって申し訳ありません。でもね、正直お名前が出てきたときにはびっくりしちゃったんですよ。あの細い体でいろんなことをやられていて大丈夫かなあって。
来年は前向きに考えてくださるって、喜ばしい限りです(もう一回びっくりしちゃったら、2回目はありません)。新役員さんにも伝えておきますんで、そこんとこよろしく。
by sanakopi | 2007-01-28 08:23 | Comments(1)