シリコンバレーから新宿へ。引っ越しても就職してもやっぱり本ばっかり読んでる薬剤師さん?!


by sanakopi

海猿

 こちらでは、ドラマも、映画もみられないので、これは、漫画のはなしです。

 だんなさまの知り合いの方がぜひ、と進めてくださったときは、タイトルすら????でした。
そのあと、どうも、ドラマや、映画もいいらしいぞ、と言う評判を知りましたが、ぱらっとめくった時の、濃い~~絵柄にひいてました。

 しかし、いざ、読み始めたら、とまらないし、さらに涙もとまらなくなる、と言うすごい本でした。

 たしか、もやのサイトのお母さまでも、海猿にはまって、息子に、海上保安官になって~~~~といってしまいました、というかたがいらっしゃいましたが、私は逆に、こたには、ゼッタイ無理な仕事が、いくつかあるもんだなあ~~、これも、そのひとつ・・・と思ってしまいました。

 正義感がいくらあっても、健康に不安が、ほんの少しでもあれば、ひとの命をあずかる仕事はあきらめなくてはならないでしょう。兼ね備えたひとたちに、どうぞ、よろしく、がんばってください、というしかないです。

 こたも読んでますし、中高生、読むと熱くなれそうでいいと思います。
[PR]
Commented by Sirius at 2005-08-30 09:05 x
海猿ですか。確か、この前本屋さんに行ったとき並んでました。
主人公が海上保安官になるための学校に通っていて、潜水で人命救助をする物語ですよね。来年には、日本で映画も上映されるみたいですね。
最近は官から民へと時代の風は吹いているようだけれども、私も、少し前までは官にいたからわかるけれども、航空管制官、警察官、自衛官など、官の世界もまた結構大変なんですよ。私は、ちょうどいいタイミングで組織全体を政府が、官から外してくれたから、とても助かっています。
by sanakopi | 2005-08-30 02:16 | 本の話 | Comments(1)