シリコンバレーから新宿へ。引っ越しても就職してもやっぱり本ばっかり読んでる薬剤師さん?!


by sanakopi

すごく久しぶり。。

ま、いろいろご挨拶はおいといて、
余裕のない毎日だけど、
とてもいい本に出会ったのでご紹介。

加納朋子さんの最新作、短編集です。
『トオリヌケキンシ』
タイトルから、もう、良さそうな予感がしません??

加納朋子さんは、数年前に白血病と闘い
骨髄移植の体験も書いて本がでています。『無菌病棟より愛をこめて』

前から、素敵な人を書いてくれる、
お気に入りの作家さんだったけど、
そんな体験を経た、彼女の書く物語への期待は大きかったです。

そして、そんな期待に応えてくれた
この短編集、最後のひとつの物語を読み終えるのがもったいなくて、
とっておいて、これを書いています。

縁あるかたは、ぜひ手に取ってみてね。
[PR]
Commented by peanut-street at 2014-11-03 22:06
短編集と言う本に、とてもひかれます。
探してみようかな。
Commented by sanakopi at 2014-11-04 15:40
ばななさん、
最後のひとつで泣かされました。。
短編なのに、すごく気持ちがわかって、
長いストーリーを読んだ後みたいよ。
もう11月なのに、会えそうにないのは
なぜだろう??
春になったら、かな、(遠い目
by sanakopi | 2014-11-03 20:55 | Comments(2)