シリコンバレーから新宿へ。引っ越しても就職してもやっぱり本ばっかり読んでる薬剤師さん?!


by sanakopi

最後のIEPミーティングを終えて

 IEPというのは、いろんなハンデのある子供たちの教育を支援する専門スタッフのチームのことです。

 こたは、ミドルスクールの最後の学年の途中で肺高血圧症の診断を受け、その後は、体調と、精神的な落ち込みの両方の理由から、家庭学習で卒業までを乗り切りました。

 このときはまだIEPは申請してなかったのですが、学校の校長、副校長、ナースも理解を示し、とてもよい先生に訪問していただくことができました。

 高校進学に当たっては、ホームスクールも考えたものの、意外にも本人が学区の高校への進学を希望したことで、入学前からIEPの準備に入り、心理学者の診断テストや面接をへて、チームが作られ、平均して年に1回のミーティングでこたに必要なサービスを認定してもらい、さまざまな配慮をしてもらってきました。

 まず、欠席はカウントされないこと。

 一般の生徒であれば日本と同様に、出席日数によっては進級できないこともあるはすですが、こたは病欠し放題でした。

 次に、必修である体育の授業の免除。

 4年間のうち、2年の体育の単位は必修ですが、ドクターからの書類によってこれは免除。もちろん、単位数はその分少なくてもよいわけではなく、ほかの選択科目で補わなければなりませんでしたが。

 さらに、いくつかの科目はオンライン授業でとり、苦手な英文学のクラスは家庭教師スタイルで4年間。

 こんなかんじで3年と半分がんばってきましたが、この冬は体調が悪くこれでもきつくなったので、臨時でIEPミーティングを持ってもらい、ドクターにも書類を書いてもらって、授業にはまったくでなくてもテストだけ受けに行ったり、それも大変な場合は、家庭教師の先生に監督してもらって家でテストを受けたりする方法で、残りの単位をもらえることになりました。

 とにかく我が家としては、ほとんど交渉とかする余地もなく、すべて希望通りに滞りなく最速で対応していただいたといういい印象ばかりです。

 最後のミーティングも和やかにおこなわれ、IEPリーダーのジュディさんもいつもにも増して笑顔。

 大学レベルの数学の担当教官からのコメントがおもしろいから、と読んでくれ、彼が彼自身を教えていたので、何の問題もなかった、彼はこの教科の教師になれる、というようなことでした。

 それから、卒業式も、希望することをなんでも言ってみてね、パラシュートで会場に到着するとかもありだから!!なんて。

 
 それからしばらくたった数日前の夜、私が、コーラスの指導者のHさんが、練習のときあんまり全力なので、じーんとして泣きそうになったよ、という話をしていて、こたにも、
 『いままで、いつも全力だなと感じた大人って誰かいる?』と聞いてみたところ、
 『ジュディ?』という答えが。

 そうなんだ、やっぱりそうかぁ~~~

 私たちはとても恵まれていたなとあらためて感謝。。。
[PR]
Commented by つれ at 2013-05-31 03:05 x
こたくんはよいカウンセラーに恵まれてよかったですね。
HHSの普通のカウンセラーはたいしたことないらしいですよ。
卒業まであとすこしですね。
いつ日本に経つのですか?
受験がひと段落したら戻って来るのですよね?

私はたいちと7月1日から27日まで一時帰国します。
向こうで会えたりするかな?

こたくん、がんばれ~。
Commented by sanakopi at 2013-06-01 01:14
つれさん、

IEPについては、毎回戦いだ、というお話も聞いていたのですが、
私たちは本当によくしてもらって。
HHSは、できのいい子が多くて、あんまりお世話焼いてくれないのかもしれませんね。
でも今年も、スタンフォードに4人、バークレーには数えるのめんどくさい30人くらい?入ってますよ。すご~~い

7,8月まるまる新宿西口です^^
メールは生きてるので、いつでもご連絡くださいませ~。
こっちにいるより、のんびりしますよね、お互いに^^

by sanakopi | 2013-05-29 07:36 | もやもや病/肺高血圧関連 | Comments(2)