シリコンバレーから新宿へ。引っ越しても就職してもやっぱり本ばっかり読んでる薬剤師さん?!


by sanakopi

旅のラゴス 筒井康隆 チョコレートコスモス 恩田陸

 お正月は、ゆっくりおいしく過ごしました。

 それにしても、年々、おもちが食べられなくなってるのはなぜだろう。。。。嫌いになっている、のとはちがう、なんていうかおなかに入っていかないかんじ。

 冬は冬眠しちゃってるんですかね?わたしの体は・・・・

 風邪も引かずに元気にしているので気にしないことにします。

 さて、家族がそろっているのであんまり本ばかりも読んでいられませんでしたが、それでもやっぱり読みました。

 アマゾンのおすすめの本のリストにでてきて、おっ!と思ったのでめずらしく即決できた『旅のラゴス』と、文庫化からしばらくのあいだ書評などをチェックしつつ熟考して買った『チョコレートコスモス』どちらも買ってよかった、本読み仲間にもおすすめできる2冊となりました。

 『旅のラゴス』は、あんまりネタバレできないタイプの小説です。ジャンルはSF、古い本ですが、よいライトノベルのような読みやすさ、きっとテンポがいいのと、キャラが魅力的だからです。

 ラゴスは男性です。とても素敵な青年が、旅の終わりには円熟した男性に成長します。

 『パプリカ』の主人公の女性の素敵さと対抗できる男性!!

 読みやすいのに、『すばらしい新世界』を読んだときと同じような大きな問いかけがあるのを感じました。

 文明や、科学技術の発達に対して、私たちはつねに、これでいいのか、進むべき方向にむかっているのか、考え続けていくべきなのだと言われているような気がしました。

 
 『チョコレートコスモス』は、そうですね、名作漫画『ガラスの仮面』を愛した方なら、こちらも気に入ると思います。

 この物語の二人の女性もすごく素敵です。

 細かい設定は忘れましたが、20歳前後の二人、一方はサラブレッド、芸能一家の娘で、子役からキャリアを積み、すでに女優としての評価を確立している。もう一方は、こちらもある意味でサラブレッドなのですが、あるきっかけから、実家の方向とはまったく違う、演じる、ということに興味を持ち始め、大学の演劇サークルに入ったばかりの新人です。

 もう、これだけでわくわくしてきますが、舞台をこの目で見ているように引き込まれました。

 これからどうなっていくのか、続編も非常に楽しみになりました。


 読書という面からも、とてもよい、1年のスタートになりました!




 
[PR]
Commented by peanut-street at 2012-01-08 13:02
ママさーん、お手紙届きました。
遠い遠いところから来たんだねぇと息子と
大事に拝読しました。
こちらこそよろしくお願いいたします。

冬休み前に息子が学校の図書館から借りてきてくれた本。
歌舞伎名作集・・^^
ありがたいです。
Commented by sanakopi at 2012-01-10 02:26
ばななさん、
よかった~~届きましたか。
2ヶ月くらいたってからぼろぼろにになってひょっこり戻ってくることもあるので(年に1通はある、、、)

息子君は自分で読みたくて借りてきたのでは???

親子で、通になってください^^
Commented by あやの at 2012-01-14 17:08 x
誰だよ。今ネットでも話題だって聞いたからついついググっちゃったじゃん。
by sanakopi | 2012-01-06 06:03 | 本の話 | Comments(3)