シリコンバレーから新宿へ。引っ越しても就職してもやっぱり本ばっかり読んでる薬剤師さん?!


by sanakopi

少女不十分 西尾維新

 読み始めてまずびっくり。

 そして読み終わって、あのまじめさがずっとつづいていたことにまたびっくりしました。

 「戯言シリーズ」「化物語シリーズ」での、とにかくたくさんの言葉で、重い内容も軽快に書いていく西尾さんをしばらく読んでいたので、私にとってはうれしいほうの驚きでした。

 やっぱり、まじな西尾さんにちょっと会ってみたかったから。

 すこしでも、内容に触れたほうが、みなさんの興味をそそれるのかもしれないけど、でも、みなさんにもびっくりしてほしいから、あえてこれ以上は書きません。

 苦しいものや、つらいものがいらないときは、読まないほうがいい本です。

 私は大好きでした。



 
[PR]
by sanakopi | 2011-12-11 06:16 | 本の話 | Comments(0)