シリコンバレーから新宿へ。引っ越しても就職してもやっぱり本ばっかり読んでる薬剤師さん?!


by sanakopi

『1Q84』Book2までと、『悼む人』読了

 いや~、どちらも出版直後から読みたいなあ、読みたいなあ、と思っていた本でして、しかしハードカバーにはなかなか手が出ない。。。いい本だから絶対、お友達のだれかが買って、『読む?』って声をかけてくれるか、サンノゼ図書館に入るんじゃないかな、と。

 『1Q84』のほうは友達ありがとう、『悼む人』のほうはザンノゼ図書館あなどれず、です。

 『1Q84』は、まだBook3が残っているので、宙ぶらりん、またまた早く読みたいよぉ、になってしまっていますが、いままでの作品の中での1,2のとっつきやすさにだんなさまにも勧めたほどでした。あれだけ売れたのも当然かも。みんな買っても読まずに(読めずに)積んでるんじゃないかと疑っていたんです、じつは。

 『悼む人』こちらは号泣のうちに読み終えました。読み終えても、悼む人である主人公の気持ちは今一つつかみ切れず、なぜ旅を続けていかねばならないのか納得はできませんでした。でも、彼を取り巻く人たちが変わっていく、最近お気に入りのアニソン『Alchemy』の歌詞を借りれば、触れる人を輝かせていく生き方であることにはちがいないのです。

 亡くなった人にたいしてだけじゃなく、生きて自分の周りにいる人たちに対しても、

 『その人は、誰を愛して、誰に愛され、誰に感謝されているか』

 それだけを見てあげられたら、世界のあたたかさが増すのではないかなと考えてみたりしています。

 
[PR]
Commented by 高野支店(休店中) at 2010-11-09 14:39 x
1Q84 Book3持ってますよ。お貸ししてもいいです。気楽にお声をかけてください。
Commented by sanakopi at 2010-11-12 04:04
高野支店さん、
ごぶさたしています!お店の再開はないですか?

Book3ぜひお借りしたいです。
ご連絡しますね。
by sanakopi | 2010-11-09 04:02 | 本の話 | Comments(2)