シリコンバレーから新宿へ。引っ越しても就職してもやっぱり本ばっかり読んでる薬剤師さん?!


by sanakopi

『ジウ』

 読んだ本です。ひさびさにこわかった~~~

 誉田哲也さん、かなりの筆力!!剣道に打ち込む少女を描いた『武士道シリーズ』では、若い層も読みやすそうな感じで書いてましたけど、ジウでは堂々たる社会派ぶり。警察の面々もそれこそ『新宿鮫』に負けないくらいリアルでした。

 解説とかには、二人の女性刑事を軸に、、、とかって書いてあって、たしかに彼女たちも魅力的なのですが、なんといっても私には『ジウ』そのひとが印象的でした。

 この本の後は、補習校の図書コーナーで『守り人シリーズ』の最終章『天と地の守り人』全3巻を読んだのですが、ジウは、このシリーズに登場してもおかしくないような不思議な魅力、異界から迷い込んだようなよるべなさみたいなものがあるな、と思いました。

 読んでばかりいて、首筋やら肩やら痛む今日この頃ですが、読書の秋ですからね、いいでしょう。


 
[PR]
by sanakopi | 2010-10-27 02:58 | 本の話 | Comments(0)