シリコンバレーから新宿へ。引っ越しても就職してもやっぱり本ばっかり読んでる薬剤師さん?!


by sanakopi

流星の絆

 楽しみにドラマを見ていたので、いちおう見つけたら読まないと、ね。

 これもSunnyvale Libraryの蔵書です。

 さらさらっと書かれている兄妹の詐欺遍歴が、クドカンさんの演出になると、あそこまで爆笑モノになるんですね。これはすごい。

 でも、エンディングは小説のほうが好きかも。

 あと、今日は、同じ図書館で、辻仁成『右岸』これって、『左岸』とセットでよむべきなんでしょうが、とりあえずこちらがあったので借りました。

 びっくりなみっけもんも。

 『シンメトリーな男』竹内久美子

 ばっちり美品なハードカバーで、なんと1ドル。寄付された本が販売されているコーナーで。

 なかなか掘り出し物はないのですが、毎回チェックしていたかいがありました。寄付してくださったどなたか、ありがとうございます~~。
[PR]
Commented by tomo_macintosh at 2009-02-12 09:31
先日は大変お世話になりました。つい最近このドラマを見始めたのですが、最初あまりに暗くて見るのを止めようかと思ったほどでした。ですが、徐々にクドカンワールド炸裂。楽しみに見ております。旦那様にもよろしくお伝え下さい。
Commented by sanakopi at 2009-02-14 07:25
tomoさん、
こちらこそ、おみやげまで用意してきてくださって感激でした。
我が家はいまは、『歌のおにいさん』にとりかかっております!!
by sanakopi | 2009-02-11 08:06 | 本の話 | Comments(2)