シリコンバレーから新宿へ。引っ越しても就職してもやっぱり本ばっかり読んでる薬剤師さん?!


by sanakopi
今、続きが気になる小説ベストスリーに入っているシリーズです。

まあ、タイトルからして、私をよくご存知の方々ならそれはそうでしょうね、と思われるにちがいない。。。

はまってしまっているのは、お話が面白いのもあるんですけど、かなり書きためてから出版が始まったからか、どんどん次がでる!!これも大きな魅力なんですよね。2015年2月に一冊目がでてから、丸二年で、ソフトカバーの単行本400ページくらいのボリュームある本が、もう10冊もでています。

ちゃんと紙の本でどんどんだしてくれるので、私はまだそちらはチェックしていないんですけど、『小説家になろう』という無料のウェブサイトで連載していらっしゃるようですので、そちらを試しに読んでみるのもオススメです。

海外の日本語補習校の書庫にもぴったりだと思うんですよねー、もう並んでいるかしら。

主人公のマインちゃんの本への情熱が香月さんの筆をどんどん進ませて、さらには、ココロとカラダの健康も守って、素晴らしいエンディングまで読者に届け続けてくれますように!!

あ、漫画にもなっています。出版元が比較的新しい出版社で、メディアミックスにも強そうなのでアニメになるのも早いかも?でもストーリーは、本好き好みだから、どうなのかな?







[PR]
# by sanakopi | 2017-02-19 09:27 | 本の話 | Comments(0)

響声破笛丸料

声のお仕事をされている方はご存知らしいのですが、薬剤師の私はこの年になって初めて知ったお薬です。

漢方ですが、即効性のある、声がれの特効薬だそうです!!調べた限りでは副作用の心配もまずなさそうです。

風邪とか、扁桃炎とか、原因がはっきりしている場合は、ちゃんとその治療を優先したほうがいいと思いますが、なぜか喉だけ、とか、大声で歌いすぎて、とかそんなときに大活躍しそうです。

1回飲めばスッキリ、とかだとかえって怖いくらいですが、数回飲めば本番に臨んで大丈夫なくらい回復すると、先日お店でこのお薬をお求めになった女性に教わりました!おそらく、声のお仕事の方なんですね、素敵な方でした。

おはなし会や、コーラス本番の前に喉を痛めた時のため、常備薬に加えてみてはいかがでしょう。




[PR]
# by sanakopi | 2017-02-02 15:37 | おくすり | Comments(0)

ガレット-デ-ロワ

戻ってきた当初は、デパ地下を活用できない、財布の紐が固すぎた私ですが、今回は、だんなさまをびっくりさせるお買い物をしてきました。

いつもじゃないんですよ、まあ、今は、受験生のさなの景気付けとか、あるので。。

小さめのホールで、初めてのケーキ。

残念ながら、お店で販売するものに実際に陶器のものを入れるのは、ちょっとリスクがあるんでしょうか?中にはアーモンドを入れて、陶器は一つ添えられている感じで。

私達が選んだお店では、幸運のお守りみたいな感じで、いくつかのカテゴリーから選ぶ??不思議なコンセプトでしたけど、さなは、一応、知恵を選んで、受験生らしい意識のあるところを垣間見せてくれました。

さて、北の地方の雪、自分も雪の中を1時間くらい歩いて試験に向かったもので、やたらと気になっています。でも私の場合は、それはかえってよかったようで、力以上のスコアがだせましたよ!

明日、明後日の本番、みんなが全力か、それ以上出せますように!!



[PR]
# by sanakopi | 2017-01-13 11:04 | Comments(0)
すっかりほったらかしでした。
いろいろ激動したり、体調崩したり、大台に乗る前の一年っていう感じだったのかな。
久しぶりに、あっという間ではなくて、ありあまる時間に不安な自分をもてあましたり、とにかく本の世界に逃避しては、老眼開始のせいで眼精疲労になったり、とにかくバランス悪かったですが、ある意味満喫できたのでしょう。

今年は、年末の転職活動により、またもや初体験の職場でひよっこからのスタートとなります。
私の人生、何度もリセットしているので、他の人よりひよっこ期ばかりで、何にもベテランになれやしません。
またまた、育ててくれる周りの方々に辛抱して頂きながら、感謝して頑張ります。


[PR]
# by sanakopi | 2017-01-01 16:46 | Comments(2)
久しぶりに息子のめでたいお話でも。

プロテストにうかっても、別にどこかに所属して云々はないのですが、賞金のもらえる大会の出場資格がある、という点では、稼げる人は稼げる。。だからプロ?!

3年生ともなると、忙しくなり、ダーツダーツ言ってられなくなるかもしれなかったので、2年生のうちに合格したかった、ということで、目標達成です。

近くで大会の時は、こっそり応援行きたいなー




[PR]
# by sanakopi | 2016-02-22 14:32 | Comments(2)

米津さん、ありがとう!

踊りましたー歌いましたー
かっこよかったー

また会えるかなー

豊洲ピット、みんなはゆりかもめで行くみたいだったけど、私達は、大江戸線一本で行けるので、勝どき駅まで、歩いて夜景満喫してしまったです。

絶対、デートに最適だと思うんだけど、だーれもいない。。なんでかなあ。

疑問も含め、印象深いライブハウスの夜でした。

[PR]
# by sanakopi | 2016-02-11 20:25 | Comments(0)

ライブハウス、初めて!

緊張感あります。
この年になって、初体験いろいろなこの頃。
短い夏休みには、富士急で、たぶんファーストファイナルwな、絶叫マシン挑戦。
最初にええじゃないかに乗ったので、あとはどれでもいける!気分に。

若かりし頃、スペースマウンテンで気分が悪くなり、もう絶対乗らないって思ってたけど、やってみるもんですね。

その時以来の緊張感ってことです。

今度はライブハウス。
一体どんなところなの??
飲んだり食べたりしていいの?
手荷物検査ある??
いろんな小さな疑問には、同僚のAちゃんが丁寧に答えてくれたし、アドバイスもいっぱいくれました。
一緒に行くさなは、一応一回だけ行ったことがあるから、力を合わせて頑張ります!

米津玄師さん、会えるのが楽しみだよ!!

よく見えなくても、聞き惚れるから!!





[PR]
# by sanakopi | 2016-02-11 13:50 | Comments(0)
わたしを離さないで、のこと。
たくさん読んだ本の中でも特に印象に残り、あわよくば人に勧めたい、でも人によっては後味悪く感じるかもと、躊躇するそのテーマ。

ドラマ化、成功するのかこけるのか、わからないし、正直、私は見ない。
だけど、見てみて、ちょっと考えてくれる人が増えたなら、それで十分だし、私も嬉しい。

主人公を綾瀬はるかさんが演じることにも安堵。
彼女のおかげで、悲しいことが、少しだけあたたかく見えたり、物語に希望のかけらを散りばめることができる女優さんだと思うので。

ネタバレなしではここまで。

大成功を祈りつつ。




[PR]
# by sanakopi | 2016-01-21 13:42 | Comments(0)

いとま申して 北村 薫

やはり、備忘録は必要。。。
あと何年かしたら、おんなじ本ばかり手に取りそう、半分過ぎてからあれ?このお話知ってる??なんてね〜

北村薫氏のお父さんの日記がベース。
戦前の日本人ののびのびとした感じや、世の中の不安定さが、だんだん若者の精神状態にも影響していく様子がよくわかる。。

三部作のうち、1は中学生から、高校の年代、主に『童話』という雑誌に投稿しながら、自分の才能や、可能性について、思い悩んでいました。2では、慶應の予科から、本科へ、友人として、また師として、すごい人物と出会いながら、やはり悩みは尽きず、さらには家庭の金策まで背負う。

少年のような精神を保ったままのようなのに、時々、とても叶わないくらい大人びた感じなのにも驚きました。

結核で次々と兄弟や同好の仲間を亡くしていたり、戦地へとどんどん送られていく若者たち、次は自分なのか?という不安がいつもあったようでした。

残り1冊の刊行が待ち遠しいです。



[PR]
# by sanakopi | 2016-01-17 08:16 | 本の話 | Comments(0)
さて、無事新しい年を迎え、今年こそ、もっと良いことがたくさん起こるといいですね。

細々ですが、よろしくお願いします。

[PR]
# by sanakopi | 2016-01-01 00:18 | Comments(0)