シリコンバレーから新宿へ。引っ越しても就職してもやっぱり本ばっかり読んでる薬剤師さん?!


by sanakopi

Mili ライブ!

さながずっと応援しているインディーズバンドのライブに連れていってくれました。

ボーカルは、カナダ人の女の子で歌詞は英語が多くて、日本語と中国語も!
バンドメンバーは日本人で、インストでも聴かせてくれる、独特の世界観。

今回、満員電車並みの混み方だったけど、奇跡的な整理番号だったので最前列。
みんなで撮った写真にもバッチリ写っていたんだろうな、それはちと、おばさんとしては照れ臭い。。

いっぱい叫んだので、今日はなんだかスッキリ。

フェスとか、参戦してみたいような。



[PR]
# by sanakopi | 2017-05-28 18:38 | Comments(0)
初めて読む作家さん。
帯には、大好きな西尾維新さんが、
「未来はいまだ、神林長平に追いつけない。」

SFは読み慣れているつもりの私ですが、最先端をいくこの作品はすんなりとは読めず、少し時間をかけました。

それでも読み終わって、こたに勧めてみました。

読んで、考えておくといいかなーと。

ストーリーを追うことより、ネットファントム、つまり本人の死後、話ができるという人工人格に惹かれました。

もう、近い体験をされてる方もいらっしゃるのかもしれない。

ブログでも、SNSやツイートでもいいから、たくさん、心の中のことを書き残して亡くなった大切な人がいらっしゃる方。

毎日、読み返しては、その言葉に励まされたり支えられたりするでしょうか?

たしか、最近のAIの研究で、実現が近いと言われていたネットファントム。

もちろん、今までも、アタマか、ココロの中のファントムと語り合い、示唆を受けることができる人間はたくさんいたはず、決して超能力とかじゃなく。

脳の機能をわざわざ外に出して、ネットのなかに置き換える必要があるのでしょうか?

思いつくまま、ぐだぐだ書いてしまいましたが、決して面白くない作品ではないです。

ぜひアニメで見てみたい世界です。







[PR]
# by sanakopi | 2017-05-03 17:29 | 本の話 | Comments(0)
久しぶりにお気に入りの絵本を見つけました。

かわいいおじいさんが、種をまいて育てるお話で、美味しそうな実がいろいろ実って、動物たちにもわけてあげて、最後の最後に実ったのが。。。私の大大好物!

63ページなので、少し長めですが、難しい言葉はないし、好きな食べ物を探したりしながら、2歳くらいから楽しめそう。

パネルシアターにもぴったりな展開な気がします!!

それにしても、素敵な絵本作家さんだと気がついた時には、もう亡くなっていらっしゃるという。。かがくいさんの時もショックでしたけど、またしても。

あちらの方で、神様やら、仏様やら天使、天女の皆さまに可愛がられていらっしゃるのかな〜



[PR]
# by sanakopi | 2017-04-29 07:08 | 本の話 | Comments(0)
期待してましたー
深夜帯だから、なんと、こたが録画する外付けHDDを買って来てくれました!
こたも見たいけど、私がぐーぐー寝てるリビングのテレビつけるわけにもいかないから。

今まで、録画してまで見たいものってほとんどないね、と言うことで録画機能なしで3年過ごしてたんですよ。

いよいよ、満を持して導入!

いやーん、かわいい、大杉蓮さんが!

これ、なんで深夜なの???

絶対もったいないから!

ファイナルファンタジーの動画部分もなんかいい。センスいいし。

なんか、涙でてきたぞ、初回から!





[PR]
# by sanakopi | 2017-04-22 16:05 | Comments(0)

心臓のミトコンドリア

今日の、ためしてガッテン、
しっかり見ました!!

やっぱり、心臓って強い弱いがほんとにあるんですね、少ない酸素でエネルギーを作れるミトコンドリアが活動してるかどうかで。

たぶん、こたは、先にもやもや病がありながらも、スポーツ大好きで心臓に負荷かける場面が多かった。だから、その頃にミトコンドリアを鍛えてたみたいです。

今も、少し無理して動き続けているわけだけど、肺高血圧症では安静が勧められるのは理解しているけど。。今のうちに心不全に備えて少しでも心臓が鍛えられるなら、それも大事なんじゃないのかなあ。

筋肉をつけたいこたは、大学卒業したら、本格的にリハビリの専門医の元で筋トレしたいらしいです。

それにしても、ミトコンドリアは奥が深い。体に良くないのでは、と思われる空腹や、酸欠状態が、かえってミトコンドリアを鍛えて、逆に元気になるかもしれないわけだから。




[PR]
# by sanakopi | 2017-04-19 20:38 | Comments(0)
『ランチのアッコちゃん』に始まったアッコちゃんのシリーズが大好きな作家さん。
とにかく女性の書き分けが上手い。
あったかくて、遠山の金さん的な安心感があって楽しいお話でした。

だけど、この作品では、その書き分けが、怖かったです。
三人の30代の女性たちのそれぞれの闇がすごくリアルで、時々、自分の中にもある??って怖くなるんです。
最後の最後で、ほんの少し光が見える感じはあるので、ほっとしました。

最近は、少しテーマ性のある、ダークな本が続いてしまいました。なぜか、まとめて手に取るものですね。

高校入試 湊 かなえ
しろいろの街の その骨の体温の 村田沙耶香

どちらも、ほんのり怖く、考えてみるきっかけをくれました。


[PR]
# by sanakopi | 2017-04-08 20:21 | 本の話 | Comments(0)

めでたく子育て卒業!

変化の春ですが、おかげさまでさなも第一志望の大学に進学することになり、通学できないこともない、というロケーションなのですが相談して大学近くで一人暮らしすることに。

いっぱい一緒に遊んだので少し寂しくはなりますが、自主自律、高校の校訓の通り、一人でもやっていける大人になってね!

さて、ここからは子供に頼らない自分の人間関係の構築や、自由時間の使い方をして行きたいです。

とりあえず、転職して2カ月で、気に入っていた店長が異動になってしまってガッカリの職場ですが、自分からお店の雰囲気をよくしていけるくらいの積極的な働き方をしたいな。

もちろん本も読むし、一箱古本市と言うものがあるって知ったので、まずはお客さんで行って見て、面白そうならボランティアや店主として参加してみたいです。

またここから、成長するぞ!!





[PR]
# by sanakopi | 2017-03-26 13:24 | Comments(0)
今、続きが気になる小説ベストスリーに入っているシリーズです。

まあ、タイトルからして、私をよくご存知の方々ならそれはそうでしょうね、と思われるにちがいない。。。

はまってしまっているのは、お話が面白いのもあるんですけど、かなり書きためてから出版が始まったからか、どんどん次がでる!!これも大きな魅力なんですよね。2015年2月に一冊目がでてから、丸二年で、ソフトカバーの単行本400ページくらいのボリュームある本が、もう10冊もでています。

ちゃんと紙の本でどんどんだしてくれるので、私はまだそちらはチェックしていないんですけど、『小説家になろう』という無料のウェブサイトで連載していらっしゃるようですので、そちらを試しに読んでみるのもオススメです。

海外の日本語補習校の書庫にもぴったりだと思うんですよねー、もう並んでいるかしら。

主人公のマインちゃんの本への情熱が香月さんの筆をどんどん進ませて、さらには、ココロとカラダの健康も守って、素晴らしいエンディングまで読者に届け続けてくれますように!!

あ、漫画にもなっています。出版元が比較的新しい出版社で、メディアミックスにも強そうなのでアニメになるのも早いかも?でもストーリーは、本好き好みだから、どうなのかな?







[PR]
# by sanakopi | 2017-02-19 09:27 | 本の話 | Comments(0)

響声破笛丸料

声のお仕事をされている方はご存知らしいのですが、薬剤師の私はこの年になって初めて知ったお薬です。

漢方ですが、即効性のある、声がれの特効薬だそうです!!調べた限りでは副作用の心配もまずなさそうです。

風邪とか、扁桃炎とか、原因がはっきりしている場合は、ちゃんとその治療を優先したほうがいいと思いますが、なぜか喉だけ、とか、大声で歌いすぎて、とかそんなときに大活躍しそうです。

1回飲めばスッキリ、とかだとかえって怖いくらいですが、数回飲めば本番に臨んで大丈夫なくらい回復すると、先日お店でこのお薬をお求めになった女性に教わりました!おそらく、声のお仕事の方なんですね、素敵な方でした。

おはなし会や、コーラス本番の前に喉を痛めた時のため、常備薬に加えてみてはいかがでしょう。




[PR]
# by sanakopi | 2017-02-02 15:37 | おくすり | Comments(0)

ガレット-デ-ロワ

戻ってきた当初は、デパ地下を活用できない、財布の紐が固すぎた私ですが、今回は、だんなさまをびっくりさせるお買い物をしてきました。

いつもじゃないんですよ、まあ、今は、受験生のさなの景気付けとか、あるので。。

小さめのホールで、初めてのケーキ。

残念ながら、お店で販売するものに実際に陶器のものを入れるのは、ちょっとリスクがあるんでしょうか?中にはアーモンドを入れて、陶器は一つ添えられている感じで。

私達が選んだお店では、幸運のお守りみたいな感じで、いくつかのカテゴリーから選ぶ??不思議なコンセプトでしたけど、さなは、一応、知恵を選んで、受験生らしい意識のあるところを垣間見せてくれました。

さて、北の地方の雪、自分も雪の中を1時間くらい歩いて試験に向かったもので、やたらと気になっています。でも私の場合は、それはかえってよかったようで、力以上のスコアがだせましたよ!

明日、明後日の本番、みんなが全力か、それ以上出せますように!!



[PR]
# by sanakopi | 2017-01-13 11:04 | Comments(0)